フォトニュース 平成30年(2018年)5月

 

吹田市の季節の風景や旬な話題を写真で紹介します。

 

平和のバラ 今が見頃

片山公園の平和のバラ写真

片山公園で現在、例年よりも早く満開となった赤色・ピンク色・黄色などの色鮮やかなバラを楽しむことができます。

平和のバラは、広島市名誉市民の故・原田東岷(とうみん)さんが「地上をバラでいっぱいにし、争いのない世界を」という想いから広島の名前を付けたバラの新しい品種作りを呼びかけたことをきっかけに誕生しました。

同公園内には約600平方メートルのバラ園があり、平和のバラを含めた約50品種・約250株が植えられています。


片山公園は阪急吹田駅から徒歩約7分、中央図書館の隣にあります。


市民の花のさつきが満開

市役所前のさつきの画像

市役所駐車場周辺に植えられているさつきが見頃を迎えました。さつきは、昭和45年に公募により「市民の花」に選ばれました。鮮やかなピンクの花は駐車場手前、そして市役所出入り口に続く道で楽しむことができます。市役所を訪れる際はぜひご覧ください。

千里緑地でヒメボタルの発光がピークに

ヒメボタル発光のようす

高野台と山田西の境にある千里緑地でヒメボタルの発光数がピークを迎えています。午後8時から10時の間が見頃で、緑地一帯が柔らかな光に包まれます。


ヒメボタルは繁殖力が非常に弱く、急激な環境の変化に対応できずに絶滅してしまうことが危惧されており、大阪府の準絶滅危惧種、吹田市の天然記念物に指定されています。

ヒメボタルが生息できる環境を維持するために「吹田ヒメボタルの会」のみなさんが清掃活動や発光数調査などを行っています。


ヒメボタルは敏感な生き物です。また周辺には住宅もあります。観察は静かに行い、遊歩道以外の草むらには入らないようにしましょう。写真撮影は譲り合うなどマナーを守りましょう。


(写真は30枚を合成したもの)

バックナンバー

平成31年(2019年)

[1月] [2月] [3月] [4月] [5月] [6月] [7月]

平成30年(2018年)

[1月] [2月] [3月] [4月] [5月] [6月] [7月] [8月] [9月] [10月] [11月] [12月]

平成29年(2017年)

[1月] [2月] [3月] [4月] [5月] [6月] [7月] [8月] [9月] [10月] [11月] [12月]

平成28年(2016年)

[1月] [2月] [3月] [4月] [5月] [6月] [7月] [8月] [9月] [10月] [11月] [12月]

平成27年(2015年)

[1月] [2月] [3月] [4月] [5月] [6月] [7月] [8月] [9月] [10月] [11月] [12月]