配偶者からの暴力(DV)を理由に避難している方の特別定額給付金の手続きについて

最終更新日:令和2年6月24日

配偶者からの暴力を理由に避難している方で、事情により令和2年4月27日(月)以前に、吹田市に住民票を移すことができない方は、必要な手続きをしていただくと、以下の措置が受けられます。

申出期間は令和2年8月25日(火)までとなります。

詳しい内容は、すいたストップDVステーション(06‐6310‐7113)までご相談ください。


措置の内容

(1)世帯主でなくとも、同伴者の分を含めて、特別定額給付金の申請を行い給付金を受け取ることができます。

(2)手続きを行った方とその同伴者分の特別定額給付金は、世帯主(配偶者など)からの申請があっても支給しません。

 

対象となる方の要件

次の(1)~(3)いずれかに該当する方

(1)配偶者暴力防止法に基づく保護命令を受けていること

(2)婦人相談所、配偶者暴力相談支援センター等が発行する証明書や市町村が発行するDV被害申出確認書を持っていること

(3)令和2年(2020年)4月28日(火)以降に今お住まいの吹田市へ住民票を移され、住民基本台帳の閲覧制限などの「支援措置」の対象となっていること。

 

申出期間

令和2年8月25日(火)まで


手続きの方法

上記要件(1)に該当される場合

「特別定額給付金受給にかかる配偶者からの暴力を理由に避難している旨の申出書」(下記各種ダウンロード参照)に必要事項を記入し、保護命令決定書の謄本または正本を添えて、すいたストップDVステーションへ提出してください。


上記要件(2)に該当される場合

「特別定額給付金受給にかかる配偶者からの暴力を理由に避難している旨の申出書」(下記各種ダウンロード参照)に必要事項を記入し、婦人相談所、配偶者暴力相談支援センター等が発行する証明書や市町村が発行するDV被害申出確認書を添えて、すいたストップDVステーションへ提出してください。


上記要件(3)に該当される場合

「特別定額給付金受給にかかる配偶者からの暴力を理由に避難している旨の申出書」(下記各種ダウンロード参照)に必要事項を記入し、すいたストップDVステーションへ提出してください。


上記要件(1)~(3)共通

※同伴者がいる場合は、同伴者についても記載されていることなどが必要です。

※申し出には、本人及び同伴者の証明書類(医療証、免許書等の写し)と現住所が確認できる書類(公共料金の請求書や賃貸借契約書等の写し)が必要です。


まずは、すいたストップDVステーション( 06-6310-7113 )までご相談ください。


注意事項

◎特別定額給付金の申請手続きは、申出手続きとは別に、後日送付される申請書により手続きを行う必要があります。

詳しくは、特別定額給付金について(吹田市ホームページ)をご確認ください。


各種ダウンロード

総務省パンフレット「特別定額給付金に関するお知らせ」 (PDFファイル; 593KB)」

総務省パンフレット「よくある質問」 (PDFファイル; 533KB)

総務省「特別定額給付金に係る配偶者からの暴力を理由に避難している旨の申出書」 (PDFファイル; 287KB)


関連リンク

特別定額給付金について(吹田市ホームページ)

内閣府男女共同参画局 新型コロナウイルス感染症対策関連ページ(外部リンク)



すいたストップDVステーション(DV相談室)

【業務時間】月曜日~金曜日 午前9時~午後5時30分

※祝日、12月29日~1月3日は除く

Tel: 06-6310-7113