新型コロナウイルスに関するQ&A(下水道部)

 

内容 下水道に関すること

 


問1:マンホールカードは通常通り配布されているのですか。(令和2年4月30日修正)

マンホールカード配布場所のInforestすいた(ららぽーとEXPOCITY内)の臨時休館に伴い、以下の期間について、マンホールカードの配布を一時停止いたします。

4月25日(日)~配布再開日未定

 

担当室課: 経営室


問2:下水道に関する窓口業務は行っていますか。(令和3年4月27日修正)

緊急事態宣言が発令されたことに伴い、窓口対応時間は、午前9時から正午、午後0時45分から午後3時までとさせていただきます。ご来庁の際は、マスク着用等、感染予防対策にご協力をお願いします。

また、ホームページ上での情報提供や、電話・メールなどを活用した対応や、一部郵送による受付を行っておりますので、極力

来庁は控えていただきますようご協力をお願いします。

 

担当室課:経営室管路保全室

 

問3:桝から汚水が漏れているのですが、排泄されたウィルスから感染しますか。

専門的な職員が配置されていないため、ご質問には対応しかねます。

 

担当室課:管路保全室

 

問4:下水処理場に新型コロナウイルスが流入することは考えられますか?(令和2年3月3日修正)

手洗い水などからのコロナウイルスの流入が考えられます。別の事例になりますが、過去に新型インフルエンザが流行した時期に、微量ながら下水処理場にインフルエンザウイルスが流入したとの文献があります。なお、下水処理場からの放流水は、塩素滅菌されています。

 

担当室課:水再生室

 

問5:下水に流入した新型コロナウイルスが、増殖することはありますか?(令和2年3月12日修正)

一般的に、ウイルスは他生物の細胞に寄生することにより増殖します。そのため、下水中で増殖する可能性は低いと考えられます。なお、厚生労働省によるとSARSコロナウイルスは、通常の下水中において6時間程度で失活することが判っており、新型コロナウイルスも同様と考えられます。

 

担当室課:水再生室

 

問6:下水処理場に新型コロナウイルスが流入した場合、そのまま河川に放流されるのですか?(令和2年3月12日修正)

厚生労働省によると、SARSコロナウイルスは、塩素消毒に感受性が高いことが判っているため、新型コロナウイルスについても下水処理場から放流する直前に塩素消毒することで、感染リスクを相当程度低減することが可能と考えられます。なお、安全のため、通常より薬品の量を増やしています。

 

担当室課:水再生室

 

問7:下水処理場に新型コロナウイルスが流入した場合、周辺住民に影響はありますか?

下水処理場から放流される水は滅菌されているため、新型コロナウイルスに感染する可能性は低いと考えられます。

 

担当室課:水再生室

 

問8:マスク、除菌シートなどはトイレに流してもいいですか?(令和2年3月3日修正)

下水道には、ごみ、油などを流すことはできません。マスクは、適正に燃焼ごみとして処分してください。除菌シートなど、溶けてトイレに流せる物以外は、同じく適正に燃焼ごみとして処分してください。

 

担当室課:水再生室


問9:下水に含まれている新型コロナウイルスの数を調べて市内の新型コロナ感染者の発生状況が分かりますか?(令和2年4月28日追加)

下水中の新型コロナウイルスの量と感染者数との関係について、情報がないため確認できておりません。また、本市では下水中に含まれる金属や微生物を測定していますが、新型コロナウイルスを測定する設備がないため分析できません。


担当室課:水再生室