認定長期優良住宅に対する固定資産税の減額について

 長期にわたり良好な状態で使用することができる優良な住宅(長期優良住宅)の普及を促進するため、新築当初の固定資産税を減額する制度です。

 

要件

 次のすべての要件を満たす住宅です。

 ・長期優良住宅の普及の促進に関する法律に規定する認定長期優良住宅

 ・平成21年6月4日から平成32年3月31日までに新築された住宅

 ・専用住宅又は併用住宅(居住部分の床面積が家屋全体の2分の1以上のもの)

 ・居住部分の床面積が一戸あたり50平方メートル以上280平方メートル以下のもの

 ・一戸建て以外の賃貸住宅については居住部分の床面積が一戸あたり40平方メートル以上280平方メートル以下のもの

 

 ※分譲マンションなど区分所有家屋の床面積については、「専有部分の床面積+持ち分で按分した共有部分の床面積」で判定しま 

 す。なお、賃貸マンションなどについても、独立的に区画された部分ごとに区分所有家屋に準じた方法で判定します。

 

減額される範囲と減額される額

 ・居住部分の床面積の一戸あたり120平方メートル分まで

 ・家屋の固定資産税額の2分の1を減額

 ※都市計画税の減額はありません。

 

減額される期間

 一般の住宅…新築後5年度分

 3階建て以上の耐火住宅又は準耐火住宅…新築後7年度分

 

減額を受けるための手続き

 新築された翌年の1月31日までに、次の書類を資産税課に提出してください。

 ・認定長期優良住宅に対する固定資産税の減額申告書 (PDFファイル; 77KB)

 ・長期優良住宅の認定通知書の写し

 

 ※長期優良住宅の認定手続きに関することは、開発審査室が担当しています。

  開発審査室のページへ

〒564-8550  大阪府吹田市泉町1丁目3番40号   (中層棟2階)

Tel:

【賦課・証明】06-6384-1245

【土地】06-6384-1246

【家屋】06-6384-1247

【償却資産】06-4860-6160

Fax: 06-6368-7344

mail: shisanze@city.suita.osaka.jp