万博記念公園

昭和45年(1970年)アジア初の日本万国博覧会が、「人類の進歩と調和」をテーマに3月15日から9月13日までの183日間、大阪千里丘陵にて開催されました。参加国数77カ国、入場者数6,422万人という万国博覧会空前の記録を残し成功裡(せいこうり)に終了しました。
博覧会の会場跡地を「緑に包まれた文化公園」として、文化・学術・スポーツ・レクリエーションの施設を整備するとともに博覧会の会場跡地に盛土し、多種多様な植物を植え、自然の森再生事業に取り組んでおります。
また、万博記念公園は、太陽光発電や植物バイオマスの活用などによる自然エネルギーの有効活用や循環型社会の取り組みを積極的に行い、環境保全に貢献しています。
さらに、日本万国博覧会の政府出展施設である日本庭園をはじめ、大阪日本民芸館、太陽の塔、夢の池の噴水など博覧会の施設や自然の中に佇む様々な文化施設、競技場をはじめとするスポーツ施設などが総合的に配置され、人々の憩いの場を提供しています。

太陽の塔


 所在地

 吹田市千里万博公園                                                           

 交通

 大阪モノレール万博記念公園駅及び公園東口駅すぐ

 問合せ

 06-6877-7387

 詳しくは、万博記念公園ホームページ