市民体育館の使用料の改定について

 

 この施設では、「吹田市使用料・手数料及び自己負担金改定に関する基本方針」

 (以下「基本方針」)により、以下の考え方で算定し、平成27年(2015年)12月市議会での議決を

 経て、平成28年(2016年)4月1日使用分から使用料新旧対照表のとおり使用料を改定します。

 

 

 「基本方針」

 

 現行使用料適用開始日:平成24年9月1日

 

 

<個人使用料>
改定使用料 ※1
 149円  
(1時間当り)
     貸出にかかる管理運営経費 ※2   × 受益者負担率 ※3
         50%
         188,752千円
         630,672時間
        (平成26年度延べ時間数)
<専用使用料>
改定使用料 ※1
 1.46円 
(1㎡・1時間当り)
      貸出にかかる管理運営経費 ※2 × 受益者負担率 ※3
         50%
          130,839千円
  12,806㎡    ×    3,506時間
    貸出総面積   年間利用可能時間
※1  市民の利用促進を図るため、個人使用と専用使用は下記のとおりとします。
 個人使用料は、1時間当たり一般100円、小・中学生50円とします。
 専用使用料は、現行使用料より引き下げとします。
※2  当館の貸出にかかる管理運営経費のうち人件費 7,628千円
建設や用地取得費、また大規模な改修にかかる費用は経費に含めていません。
 また、各管理運営経費は、個人使用と専用使用の使用料収入の割合で振り分けています。

 

 

  ※3  受益者負担率の考え方

       市民の皆様にご利用いただきやすいように、コストのうち一定額を税で負担し、

      できるだけ低い料金設定にしようとするものです。

       貸出にかかる管理運営経費のうち、基本的には税で50%負担し、残りを利用

      される方(受益者)に負担いただくこととしています。

       この施設における受益者負担率は、50%です。

 

 

 

 使用料新旧対照表

 

 改定のポイント