ガンバ大阪2018J1リーグ第20節の試合結果

2018明治安田生命J1リーグ第20節

ガンバ大阪 VS 名古屋グランパス
2 対 3
ガンバ敗戦

開催場所及び日時

豊田スタジアム

平成30年8月5日(日)18:00

入場者数

22,615人

0805名古屋 (3)_s

得点者

ガンバ大阪

  • アデミウソン選手 22分
  • 藤本淳吾選手 37分

名古屋グランパス

  • ジョー選手 61分
  • ジョー選手 79分
  • ジョー選手 84分

吹スタバナー01

0805名古屋 (5)_s

試合概要

2018明治安田生命J1リーグ第20節。 

リーグ戦アウェイで未だ勝ちが無いガンバ大阪、宮本監督とともに勝利を目指す。

22分にはバイタルエリアへの縦パスを受けたアデミウソン選手(背番号9)が、ダイレクトで藤本淳吾選手(背番号25)にボールをはたくと、藤本選手が名古屋DFを絶妙のまた抜きで抜き去りペナルティエリア内に侵入。名古屋MFのスライディングで倒されPKを得る。キッカーのアデミウソン選手が蹴り込みガンバ先制!。すると37分には、遠藤保仁選手(背番号7)倉田秋選手(背番号10)遠藤選手と繋ぎ、ダイレクトで名古屋DF裏にスルーパス!左サイドに走りこんだオ・ジェソク選手(背番号22)がゴールラインギリギリで、中央へ折り返すと、藤本選手が左足であわせ追加点!2-0で試合を折り返す。

後半が始まり、59分にガンバDFファビオ選手(背番号3)が名古屋FWをペナルティエリア内で倒してしまいPKに。PKを決められ1点差に迫られる。

64分には倉田選手に代え、先日チームに新加入したばかりの小野瀬康介選手(背番号50)を投入し、流れを変えたいガンバ。

71分には小野瀬選手が左サイドからクロスを上げ、三浦弦太選手(背番号5)が頭で合わせるもゴールの枠をとらえられない。80分には、名古屋に折り返しを押し込まれ同点追いつかれる。84分にはクロスボールのこぼれ球を押し込まれ逆転され2-3で試合終了。

次の試合は、8月10日(金)ホームPanasonic Stadium Suitaで明治安田生命J1リーグ21節  FC東京戦!

FRIDAY  NIGHT GAME!!勝利を目指して!!GAMBAれガンバ大阪!

0805名古屋 (4)_s

0805名古屋 (6)_s

0805名古屋 (1)_s

 

Panasonic Stadium Suita・エキスポシティ・万博記念公園へお越しの方へ

試合開催日及び行楽シーズンは、万博記念公園周辺道路と各駐車場が大変混雑し、出庫に2~3時間かかることが予想されます。

ご来場の際は、公共交通機関のご利用をお勧めいたします。

皆さまのご協力をよろしくお願いいたします。


自転車でお越しの方は、スタジアム横の駐輪場をご利用ください!

 

Panasonic Stadium Suita観戦におけるお車での来場について

Panasonic Stadium Suitaには、スタジアム専用駐車場がありません。

ガンバ大阪が主管する試合にお車でご来場を希望される方につきましては、事前に万博記念公園の各駐車場の駐車券を専用ホームページ等にて、購入していただくことが必要となります。

駐車券を事前に購入していないお車は、各駐車場へ入庫することは出来ません。
駐車場のご利用方法や駐車券の事前購入については、ガンバ大阪オフィシャルホームページ(外部リンク)でご確認ください。

 

エキスポシティの駐車場について

隣接するエキスポシティでは、サッカー試合開催日に、館内の「ゼロシステム端末」にて解除しない場合、特別駐車料金の6,000円が追加課金されます。

サッカー観戦の方は、エキスポシティの駐車場に駐車することの無いようお願いします。

詳しく はサッカー開催日駐車場特別料金(エキスポシティオフィシャルホームページ外部リンク)

 

その他情報に関しましては、下記ホームページにてご確認ください。

ガンバ大阪オフィシャルホームページ(外部リンク)

エキスポシティ オフィシャルホームページ(外部リンク)

万博記念公園オフィシャルホームページ(外部リンク)

〒564-8550  大阪府吹田市泉町1丁目3番40号 (低層棟3階)

Tel:

文化関係

【文化・交流】06-6384-1305

スポーツ関係

【施設管理・オーパス】 06-6384-2394

【推進事業】 06-6384-2431

【スタジアム】06-6384-2100

Fax:06-6368-9908

mail:

【文化・交流】

  s_bunka@city.suita.osaka.jp

【スポーツ】

  spo-suishin@city.suita.osaka.jp