水質基準用語解説

 

基01. 一般細菌


一般細菌とは、従属栄養細菌のうち温血動物の体温前後で比較的短時間に集落を形成する細菌をいいます。一般細菌として検出される細菌の多くは、直接病原菌との関連はありませんが、一般細菌が多数検出される水は、糞便によって病原菌に汚染されていることが疑われます。また、その一部は塩素に対して強い抵抗性をもっていますので、一般細菌検査を行うことで消毒効果を確認できます。

 

基02.  大腸菌
大腸菌はヒトなどの動物の糞便に多数存在します。大腸菌が存在するということは糞便によって汚染されていることが疑われます。

 

基03.  カドミウム及びその化合物

地表水や地下水中のカドミウムの汚染源としては、鉱山廃水、工場排水、産業廃棄物処分場から河川へ流入することがあります。

 

基04.  水銀及びその化合物
河川水中には工場排水、農薬、下水などから流入することがありますが、ごく微量の水銀は自然環境中にも存在します。

 

基05.  セレン及びその化合物
自然水中に含まれることはまれですが、鉱山廃水や工場排水などから混入することが考えられます。
金属としてのセレンの毒性は低いですが、セレン化合物は非常に毒性が高いです。

 

基06.  鉛及びその化合物
地質、鉱山廃水、工場排水による混入がありますが、給水に用いられる鉛管に由来するものもあります。
鉛の毒性は蓄積性のものが多いと考えられますので、水道水中の鉛濃度の一層の低減化を推進する必要があることから、平成15年に基準値が0.01mg/Lに強化されました。

 

基07.  ひ素及びその化合物
自然界では主として、銅、鉄、水銀、鉛、ニッケルなどの鉱物と共存し、自然水中に溶出することや、鉱山廃水、工場排水による混入に起因することもあります。
単体では水に不溶なため、経口摂取しても吸収されにくいです。
食品中のヒ素は有機態で毒性はありませんが、化合物は水に溶け、毒性が強いです。

 

基08.  六価クロム化合物
めっき、製革、染料の原料として使用されており、工場排水からの混入が考えられます。
塩素処理された水のクロムのほとんどが六価クロムになります。
金属クロムは無害ですが、六価クロムの毒性は強いです。

基09.  亜硝酸態窒素
水中に含まれる亜硝酸塩中の窒素のことをいいます。
水中の亜硝酸性窒素は窒素分解経路の途中の生成物です。
最近では肥料等による地下水汚染も無視できなくなってきました。

 

基10.  シアン化物及び塩化シアン
自然水中にはほとんど含まれませんが、めっき工場、鉄鋼処理場などの排水の混入が考えられます。
水質基準のシアンとは、イオンや錯体等、クロラミンTと反応して塩化シアンを生成するシアン化物をいいます。
シアン化カリウムやシアン化ソーダは微量で急死するので毒物の代表とされています。

 

基11.  硝酸態窒素
水中に含まれる硝酸塩中の窒素のことをいいます。
水中の硝酸性窒素はタンパク質のような有機性窒素化合物が化学的・微生物学的に分解されたものです。
このほか、工場排水や生活排水の混入により増加することがあります。

 

基12.  フッ素及びその化合物
水中のフッ素イオンは主として地質に由来し、ほとんどの自然水中に含まれます。
特に、温泉地帯の地下水や河川水に多く含まれることがあります。海産物や魚介類、緑茶にも多く含まれます。
フッ素をある程度含む水を飲むと虫歯予防の効果があるとされていますが、水道水に添加するには予算面や技術面に問題があります。
また、逆にフッ素が多すぎると、斑状歯の原因になります。

 

基13.  ホウ素及びその化合物
ガラス製造や金属の表面被覆などの工場で使用されるので、その排水から河川へ流入することがあります。
また、土壌中にも存在する元素なので、地下水や伏流水からも検出されることがあります。

 

基14.  四塩化炭素
自然界には存在しません。
フロンガス冷媒の原料で、金属洗浄にも用いられます。
土壌への吸着性は低く、地下浸透しやすい物質です。

 

基15.  1,4-ジオキサン
自然界には存在しません。
水に溶解しやすい物質で、地下浸透しやすい物質です。
溶剤として用いられ、化学薬品や染料の原料として用いられます。

 

基16.   シス-1,2-ジクロロエチレン及びトランス-1,2-ジクロロエチレン
自然界には存在しない合成化学物質です。
染料の抽出剤や溶剤に使用されています。
土壌吸着性が低く、地下浸透しやすい物質です。

 

基17.  ジクロロメタン
別名:塩化メチレン
自然界には存在しない合成化学物質です。
半導体や金属の脱脂洗浄、塗料の剥離などに用いられます。

 

基18.  テトラクロロエチレン
自然界には存在しない合成化学物質です。
ドライクリーニングの洗浄剤やフロン113の原料等に用いられます。
地下水に混入した場合は気散せず、数ヶ月から数年にわたって残留し続けます。

 

基19.  トリクロロエチレン
自然界には存在しない合成化学物質です。
ドライクリーニングや金属の洗浄用溶剤に使用されています。
地下水汚染の事例が多く、長期間残留する物質です。
半導体工場が密集する米国のシリコンバレーの地下水汚染は有名です。

 

基20.  ベンゼン
合成繊維や合成皮革、農薬、爆薬に使用され、溶剤としても広く使われています。
環境中での最も大きな発生源はガソリンの燃焼によるものです。

 

基21.  塩素酸
浄水処理過程で生成される消毒副生成物の一つです。

 

基22.  クロロ酢酸
浄水処理過程で生成される消毒副生成物の一つです。
別名:モノクロロ酢酸
工業界では、除草剤や可塑剤、医薬品、パーマネント液などの原料として用いられます。

 

基23.  クロロホルム
浄水処理過程で生成されるトリハロメタンの一つであり、水道水に含まれるトリハロメタンの中では最も多く生成される物質です。
麻酔薬や消毒薬にも使用されます。

 

基24.  ジクロロ酢酸
浄水処理過程で生成される消毒副生成物の一つです。

 

基25.  ジブロモクロロメタン
浄水処理過程で生成されるトリハロメタンの一つであり、生成量は原水中の臭素イオン濃度に大きく影響されます。

 

基26.  臭素酸
浄水処理工程において、オゾンによる処理をおこなうと生成されます。
消毒に用いられる次亜塩素酸ナトリウムに、不純物として含まれていることがあります。

 

基27.  総トリハロメタン
クロロホルム、ジブロモクロロメタン、ブロモジクロロメタン、ブロモホルムそれぞれの濃度の総和をいいます。
一般にはクロロホルムが最も多く生成されますが、海水等の影響を受ける原水では臭素化トリハロメタンが多く生成されます。

 

基28.  トリクロロ酢酸
浄水処理過程で生成される消毒副生成物の一つです。
一般には、医薬品の原料や除草剤、塗料剥離剤として用いられます。

 

基29.  ブロモジクロロメタン
浄水処理過程で生成されるトリハロメタンの一つであり、生成量は原水中の臭素イオン濃度に大きく影響されます。

 

基30.  ブロモホルム
浄水処理過程で生成されるトリハロメタンの一つであり、生成量は原水中の臭素イオン濃度に大きく影響されます。

 

基31.  ホルムアルデヒド
原水中の有機物と塩素によってできる消毒副生成物の一つです。
合成樹脂や防腐剤の原料として用いられ、水溶液をホルマリンといいます。

 

基32.  亜鉛及びその化合物
自然水中に存在することは少なく、鉱山廃水や工場排水からの混入や亜鉛メッキ鋼管からの溶出に起因するものがあります。

 

基33.  アルミニウム及びその化合物
多いと白濁の原因となります。
浄水処理工程において、凝集剤としても用いられるポリ塩化アルミニウム(PAC)や硫酸アルミニウム(バンド)にも含まれています。

 

基34.  鉄及びその化合物
自然水中には主として地質によるものが多いですが、鉄管に由来するものもあります。
水中に鉄が増えると、赤色着色や苦味を与えます。
一方で、鉄は動植物の必須元素でもあり、おとな1人の1日の必要摂取量は約10mgとされています。

 

基35.  銅及びその化合物
鉱山廃水や工場排水及び銅管からの溶出などによる混入が考えられます。
水道水中には銅管や銅、真鍮を使用している湯沸器からの溶出例が報告されています。
生体内への蓄積性がないので、慢性中毒の恐れは少ないです。

 

基36.  ナトリウム及びその化合物
自然水中に広く存在する元素であり、浄水場薬品として次亜塩素酸ナトリウムを使用しており、この中にナトリウム化合物が含まれています。
また、ナトリウムは生体の必須元素の一つですが、飲料水からの摂取量は食品由来に比べて極めて少ない量となっています。

 

基37.  マンガン及びその化合物
水中のマンガンは主として、地質に起因するものがほとんどですが、鉱山廃水や工場排水の混入が原因になることもあります。
水道水では配・給水管内で蓄積し「黒い水」の原因になります。
生体の必須元素の一つでもあり、穀物や豆類にも多く含まれます。

 

基38.  塩化物イオン
多くは地質に由来するものであり、生活排水や工場排水の混入により増加します。
また、鉄管などの腐食を促進する傾向もあります。

 

基39.  カルシウム・マグネシウム等(硬度)
水中のカルシウムイオンとマグネシウムイオンの量を、これに対応する炭酸カルシウムに換算し、濃度(mg/L)であらわしたものです。
明確な基準はありませんが、これらの硬度成分により軟水と硬水の区別がなされています。
おいしい水の条件は10~100mg/L程度とされています。

 

基40.  蒸発残留物
水を蒸発乾固させたときに残る物質をいいます。
蒸発残留物になる物質は、カルシウムやマグネシウム、ナトリウム等、ほとんどが地質由来のものです。
健康影響は少ないですが、味に影響を及ぼします。(多すぎても、極端に少なすぎてもまずくなります。)

 

基41.  陰イオン界面活性剤
合成洗剤の主成分で、水中に存在すると泡立ちの原因にもなります。
工場排水や家庭排水などの混入が原因し、汚濁の指標になります。

 

基42.  ジェオスミン
一般にかび臭と呼ばれる臭気物質です。
湖沼などで繁殖する藍藻類の一種(Anabaena)が産生します。

 

基43.  2-メチルイソボルネオール
一般にかび臭と呼ばれる臭気物質です。
湖沼などで繁殖する藍藻類の一種(Phormidium , Oscillatoria)が産生します。

 

基44.  非イオン界面活性剤
生活排水や工場排水に含まれる洗剤の成分です。
多く含まれる場合は、発泡することがあります。

 

基45.  フェノール類
フェノール(石炭酸)及び各種フェノール化合物の総称したものです。
消毒剤や防腐剤に用いられ、天然水に存在することはありません。

 

基46.  有機物質(TOC)
水に含まれる有機物をいいます。
家庭排水や工場排水の他、藻類や生物、土壌などにも影響を受けます。

 

基47.  pH値
溶液の酸性・アルカリ性の強さを、実用上の便宜から簡単な指数になおしたものです。
中性のpH値は7で、これより値が大きくなればアルカリ性が強くなり、小さくなるほど酸性が強くなります。
pH値は水質変化や生物繁殖の消長、水処理効果への影響等に関与する重要な因子です。

 

基48.  味
水の味は、地質や工場排水、下水の混入、プランクトンの繁殖のほか、配管の腐食によって影響を受けることがあります。
無機質を多く含むと不快味、金属は金気味や渋味を与えます。また、飲む人の心理状態や環境、気象により味覚が異なり、個人差もあります。

 

基49.  臭気
水の臭気は、自然由来では、原水中の植物プランクトンの代謝物質や地質、人為由来では、工場排水、下水の混入などに起因します。
また、水道水では送・配・給水管の内面塗装剤等に由来することがあります。

 

基50.  色度
水の色の程度を数値で示すもので、天然水中の色度は主にフミン質に由来します。
黄褐色類似の色は下水や工場排水の混入、鉄、マンガンイオンの酸化によっても生じることから、水の汚濁の指標になります。
また、水道管の材質によっては着色の原因となることがあります。

 

基51.  濁度
水の濁りの程度を数値で示したもので、水の汚染状態や水処理効果の判定上重要なものです。
粘土成分や鉄、マンガン、微生物などが原因成分となります。

〒564-8551 大阪府吹田市南吹田3丁目3番60号

施設・片山再構築・浄水グループ

Tel: 06-6384-1259

Fax: 06-6384-9630

mail: w-jyosui@city.suita.osaka.jp (施設・片山再構築グループ)

mail: sui-jyosuig@city.suita.osaka.jp (浄水グループ)

水質グループ

Tel: 06-6384-1250

Fax: 06-6384-1273

mail: sui-suisitsu@city.suita.osaka.jp