ピックアップ吹田

市議会2月定例会

 2月24日~3月22日に開催された市議会2月定例会に提案した内容の結果を紹介します。

可決されました

予算関係

平成29年度の予算案

 一般会計1272億6227万円を含む総額2354億2884万円。

主な施策

児童会館一時預かり事業 1456万円

私立認定こども園整備費助成事業 8534万円

高野台小学校内保育施設設置事業 753万円

幼稚園型認定こども園整備事業 2億25万円

保育対応型幼稚園助成事業 3060万円

子育て支援コンシェルジュ事業(のびのび子育てプラザ) 748万円

子育て支援コンシェルジュ事業(保育幼稚園室) 222万円

妊産婦相談支援事業 874万円

産前・産後サポート事業 1327万円

産後ケア事業 506万円

不妊治療相談事業 27万円

在宅医療・介護連携推進事業 422万円

住民主体の介護予防活動支援事業 58万円

たばこ対策推進事業 120万円

英語教育推進事業 6753万円

新成人応援事業 450万円

安心安全ドライブレコーダー普及促進事業 254万円

みどり推進事業 351万円

北大阪健康医療都市整備事業 10億9103万円

都市計画道路岸部中千里丘線道路新設事業 20億7302万円

(仮称)健都ライブラリー整備事業 1億718万円

千里南公園パークカフェ整備事業 4569万円

教育委員の選任

 鈴木直教育委員の任期満了による退任に伴い、市議会の同意を得て3月29日に福田知弘さんが教育委員に就任しました。任期は4年です。

すいたくわいですよ~

 吹田市には「吹田くわい」という、すばらしい宝物があるよ。中国原産のくわいと違い、少し小ぶりで吹田原産の独特な植物だよ。実はぼくも吹田くわいなんだよ。これから数回にわたって吹田くわいの情報を紹介するね。

 ぼくの里親となって自宅でバケツ栽培に挑戦してみよう。秋には成長したくわいを使った料理教室も開催するよ。参加者を「産業・仕事・観光」ページで募集しているので見てね。

後藤圭二の市長コラム

小さな勇気

 「金を失うことは小さな損失。名誉を失うことは大きな損失。しかし、勇気を失うことは全てを失うことだ。」 いや、お金も名誉も大切でしょ。市長選挙に手を挙げることに迷う私の背中を、ゲーテの言葉にドンッと押されたことを思い出します。誰しも人生のさまざまなシーンで迷いますが、この「利己を超えた勇気で決断を」というメッセージは私の心に深く刻まれています。

 日常ではどうでしょう。ダイエット、筋トレ、休肝日、日記、そして整理整頓…。必要ですよねぇ、小さな勇気。日常の面倒くささと戦う心を育む大切さが、教育やスポーツ指導においても認識されつつあります。

 先日、優勝報告に来てくれた少年野球の強豪チーム「山田西リトルウルフ」の選手たちから、ユニフォームの洗濯は自分でする、とお聞きしました。「自ら洗濯するのも練習の一環です」と言い切る監督のお言葉に、チームの強さと成長の秘訣を見た気がしました。

 振り返ってこの冬の私、毎夜ノルディックウォーキングをするぞと決めていましたが、心地よいホットカーペットは私の小さな勇気を簡単に溶かしてしまいました。さて、季節も最高。改めて、ゴールデンウィークから歩くことを誓います(ほんまに)