全国瞬時警報システムの情報伝達訓練の実施について

地震・津波や武力攻撃などの発生時に備え、次のとおり情報伝達訓練を行います。

この訓練は、全国瞬時警報システム(Jアラート)を用いた訓練です。

緊急時に住民へ迅速かつ確実な情報伝達が出来るよう、実際に自動起動し

正常に情報伝達が行われることを確認する訓練です。



全国瞬時警報システム(Jアラート)とは

弾道ミサイル情報、津波情報、緊急地震速報等、対処に時間的余裕のない事態に関する情報を人工衛星

及び地上回線を用いて国から送信し、市町村防災行政無線(同報系)等を自動起動することにより、国から

直接住民に対し緊急情報を瞬時に伝達するシステムです。



訓練詳細

日時 内容 防災行政無線
屋外スピーカー 戸別受信機
平成30年3月28日(水)午後2時頃 国民保護情報


※平成30年3月14日(水)に第2回全国瞬時警報システムの全国一斉情報伝達訓練が行われる

 予定ですが、市内の中学校で卒業式があるため、防災行政無線を利用した訓練は行いません。

 訓練の振替として、平成30年3月28日(水)に防災行政無線を利用した訓練を行います。

訓練で行う放送試験(予定) 平成30年3月28日(水) 国民保護情報

情報伝達手段 放送内容
防災行政無線

 市内に設置してある防災行政無線から、一斉に、 次のように放送されます。

【放送内容】

 上りチャイム音

 「これはJアラートのテストです。」×3回

 「こちらは、防災吹田市です。」

 下りチャイム音



備考

スピーカー放送の聞こえる範囲は、防災スピーカーから250m程度。

ただし、天候等の諸条件により聞こえる範囲が異なる場合があります。

災害等の状況により訓練の実施が困難な場合、訓練は中止となります。

〒564-8550  大阪府吹田市泉町1丁目3番40号   (高層棟8階)

Tel:06-6384-1753

Fax:06-6337-1631(代表)

mail:bousaisuita@city.suita.osaka.jp