台風・大雨に備えて

台風・大雨への備えについて、ご案内します
台風や大雨は、いきなり発生する地震と異なり、やってくるまでにいくらか余裕はありますが、のんびり構えているわけにはいきません。
テレビやラジオで報道される台風や大雨の正確な情報を聞き、早めの対策が大切です。
台風は、一般的に台風の進路に対して、右側は風が強く、左側は雨が強いので、進路に合わせた対策が必要です。
風の対策としては、ベランダ、庭の植木鉢や物干し竿などの飛されやすい物は室内へ入れるか、固定しておきましょう。
屋根瓦のひび割れやずれがないか、トタンがめくれていないか、テレビアンテナの設置状態はどうかなど、家の周りの点検を常日頃から忘れないようにしてください。
また、停電に備えて、懐中電灯・携帯ラジオの準備、避難に備えて貴重品などの非常持出品の準備も必要です。
大雨の恐れがあるときは、排水口や雨どいの中にたまっているドロ、ゴミなどを取り除いて排水を良くしておいてください。
浸水に備えて家具、タタミなど家財道具は高い所へ、流れやすいものは、ロープやハリガネで固定するか、安全な場所へ移しておきましょう。
浸水、がけ崩れなどの心配がある場合には、何時でも避難できる態勢を整えておきましょう。
集中豪雨は、気象の変化によって突発的に、狭い地域に短時間に多量の雨が降るため、とくに予測が難しく、局地的に大きな被害が発生します。
気象情報だけでなく、雨の降り方や川の水かさなどにも注意しましょう。
吹田市では、風水害などの災害の恐れがある場合、市民のみなさんに一時的に避難していただく場所として、市立小中学校、地区公民館などを、必要に応じて避難所として開設します。
くわしくは、配布しています防災ハンドブックをご覧になるか、市役所・危機管理室(電話06-6384-1753)にお問い合わせください。

〒564-8550  大阪府吹田市泉町1丁目3番40号   (高層棟8階)

Tel:06-6384-1753

Fax:06-6337-1631(代表)

mail:bousaisuita@city.suita.osaka.jp