平成29年度吹田市大量殺傷型テロ対処実働訓練の

実施について

市では、テロ等の災害が発生した場合を想定し、各機関が連携して初動対応や被災者の救出、救護、搬送を行う

吹田市大量殺傷型テロ対処実働訓練を実施しました。


1 実施日時

平成30年1月26日(金) 13時00分から15時30分まで


2 実施場所

Panasonic Stadium Suita(吹田市千里万博公園3-3)及び周辺地帯


3 訓練の特徴

(1)FIFA国際試合会場でもある「Panasonic Stadium Suita」で、試合日を想定して実施。

(2)観客は7,000人想定として、避難誘導等の初動対応から、通報、救出・救助、応急救護、搬送に係る一連の対応を検証。

(3)現地指揮本部、現地調整所のみならず本来は消防本部にある指令センターを訓練実施場所で運営し、相互連携を検証。

(4)CBRNE(化学剤、生物剤、放射性物質、核、爆発物)に対応する資機材や訓練内容の説明を同時に行う。


4 訓練の想定

2019年に国内で開催されるラグビーワールドカップにおいて、国際テロ組織を支持する者が、東大阪市花園ラグビー場で

行われる予選リーグの試合を爆破テロの標的に定め、その陽動と警察捜査かく乱のため、同日同時刻にPanasonic Stadium

Suitaで開催されるサッカーの試合でもテロを敢行する。試合開始前にGATE2付近の1階周回車路に仕掛けられた爆発物が

起爆し、来場者が多数負傷する爆破テロに加えて、3階コンコースGATE1付近において、犯行者が化学剤サリンを散布して

立ち去り、多数の負傷者が発生する化学テロの同時多発想定とする。

5 主催

吹田市


6 訓練参加機関

大阪府、消防機関、警察機関、自衛隊、土木事務所、医療機関(DMAT)、(株)ガンバ大阪、大阪高速道路(株)、

西日本高速道路(株)関西支社、三井不動産商業マネジメント(株)、大和大学、大阪学院大学、吹田市国際交流協会等

27機関(約600名)

7 当日の様子

IMG_2272IMG_2357

【観客の避難誘導】                【画像探索器を使用した要救助者の探索活動】


IMG_2421IMG_2438

【陽圧式防護服(レベルA)を装備した隊員による不審物の捜索】         【2次トリアージ及び応急救護】


IMG_2443IMG_2516

【現地調整所・現場指揮本部】               【ドクターヘリによる負傷者の搬送】


IMG_9869IMG_9881 

【陸上自衛隊による環境除染】                    【閉会式】

〒564-8550  大阪府吹田市泉町1丁目3番40号   (高層棟8階)

Tel:06-6384-1753

Fax:06-6337-1631(代表)

mail:bousaisuita@city.suita.osaka.jp


台風21号に関する問い合わせ

mail:so_sodan@city.suita.osaka.jp