インターンシップ

  

インターンシップの実施について

吹田市では、高等学校、高等専門学校、大学等に在籍する学生を対象として、就業体験を通じた実践的な研修を行うことにより、学生の就業意識の向上、市政に対する理解を深めること及び大学等における教育機能の強化と多様な人材育成の一助となることを目的として、インターンシップを実施しています。




実施のお知らせ

平成31年2月から3月にかけてインターンシップを実施をします。以下をご参照の上、応募をお願いします。

 

 

 
受入部署、受入期間、 受入人数等 「平成30年度インターンシップ研修生受入部署一覧」のとおり
研修実施時間 研修の実施時間は、原則として午前9時から午後5時30分までです。
※研修部署によっては、上記時間外においても研修を実施する場合があります。
研修実施場所 吹田市役所本庁舎(大阪府吹田市泉町1-3-40)及び各出先機関等
提出書類 【学生→各大学等のインターンシップ担当課】
1 吹田市インターンシップ申込書
2 誓約書
【各大学等のインターンシップ担当課→吹田市】
1 吹田市インターンシップ申込書(各学生から提出を受けたもの)
2 誓約書(各学生から提出を受けたもの)
3 インターンシップに係る協定書 (大学で二部作成)(受入部署決定後)
応募方法 【学生】
吹田市インターンシップ研修を希望する学生の方は、「吹田市インターンシップ実施要領」の内容をご理解いただいた上で、「吹田市インターンシップ申込書」と「誓約書」に必要事項を記入の上、各大学等のインターンシップ担当課に提出してください。
【各大学等のインターンシップ担当課】
各大学等のインターンシップ担当課は、「吹田市インターンシップ実施要領」の内容をご理解いただいた上で、学生から受けた「吹田市インターンシップ申込書」と「誓約書」を取り纏めた上、申し込んでください。
応募書類提出期日 平成31年1月9日(水)まで(必着とします。)
選考方法等 応募締め切り後、書類選考を実施し、後日、受入可否及び受入部署を各大学等インターンシップ担当課へ通知します。
報酬等 無報酬です。研修に伴う費用(居住地から研修場所までの交通費、食費、傷害・賠償責任保険料等)は、大学または研修生個人の負担となります。
その他 講義等の日程変更などの理由により、「吹田市インターンシップ申込書」に記載した「研修に従事できない日」が生じた場合等は、速やかに吹田市総務部人事室人事担当まで連絡してください。

 

 

1 インターンシップ募集案内 (PDFファイル; 110KB)

2 平成30年度インターンシップ研修生受入部署一覧(事務系) (PDFファイル; 165KB)

3 平成30年度インターンシップ研修生受入部署一覧(技術系) (PDFファイル; 153KB)

4 吹田市インターンシップ申込書 (PDFファイル; 91KB)

5 誓約書 (PDFファイル; 88KB)

6 吹田市インターンシップ実施要領 (PDFファイル; 149KB)

 

 




インターンシップ研修生の声(一部抜粋)

研修を終えた感想は

1日目はこれから2週間とても長いと思っていましたが、終わってみると、とても短く感じました。仕事をする上で職員の責任の重さを実感しました。また仕事をする上で知識がないと業務を行うことができないので、しっかり勉強しなければならないことを知り、自分にもできるか不安になる面もありました。しかし、研修を通じて市職員になりたい気持ちが強くなり、就職活動する上で良い経験となりました。

7日間のインターンシップを通して、実際に業務の一端を体験させていただいたり、職員の皆さんと触れ合えたことで、市役所の仕事の内容や役割、苦労、やりがいを直に肌で感じ、理解し、新たな発見も多く、大変有意義なものとなりました。正直「座学が大半になるのかな。」と少し気がかりだったのですが、収録現場の見学や訪問など、多くのことを経験させていただき、ありがたく思います。御多用中にもかかわらず、インターンシップ生として受け入れてくださり、そしてあたたかく御指導してくださり、感謝の気持ちでいっぱいです。

研修を通じて得たものは

一番大きかったことは、コミュニケーション能力の重要性を本当の意味で理解できたことだと思います。電話対応、業務の報告や発表など、様々な場面で自分と職員の方々との差を感じました。今後の課題が見つけられて良かったです。

今回の研修では、学生ではなく一人の「職員」として責任を持ち、業務に携わらせていただきました。業務の中で、職員の方々や市民の方々と関わり、今回担当した事業の大切さ、必要性と重要性を知る機会になりました。また、一つ一つの業務に伴う責任を(職員の方々のほんの一部ですが・・・)実感することができました。

研修を終えての反省・やってみたかったことは

指示されるのを待つのではなく、もう少し積極的に自分から仕事を探しにいくべきだったと反省しました。やってみたかったこととしては、直接市民の方と関わる窓口対応業務等でした。

研修後半の時期には、わからないことがあればすぐに質問するなどしていたが、前半の時期は緊張していたということもあり、質問をするのに何度か躊躇したことがありました。もう少し早く質問できていれば、もっと多くの仕事ができたのではないかと思いました。

研修を通じて、将来市職員として働いてみたいと思いましたか

市職員の仕事として、市民のそばで、市民のことを考え行動するということについて、最初はあまりイメージが追いついていませんでした。今回の研修を通じて、担当した事業の重大さ、必要性、課題について学び、人々のために様々なことを考え、行動する達成感を持てたことにとても嬉しく思い、市職員として、市政に関わるという仕事に強く興味とあこがれを抱きました。

もともと公務員は選択肢の一つとして考えていました。今回のインターンシップ研修以外に参加したことがないため、まだ答えを出すことはできませんが、公務員という仕事にとても良い印象を持っています。

次回に研修を受ける学生の方達へのメッセージについて

大学の講義だけでは学べないようなことが、インターンシップを通してたくさん学べると思います。実際どのようなことをしているのか、現場に行かなければわからないことがあると思うので、現場を知るということにおいても貴重な機会になると思います。将来、公務員を考えている人はぜひインターンシップに参加してほしいです。

単にインターンといっても、お世話になる部署では、「学生だから」ではなく「職員として」という姿勢を大事にしなければいけないと強く思いました。「市役所のインターン」というと、内容もわからないし不安なところも多いかもしれませんが、温かくかつ真面目で素敵な人たちにあふれた職場です。頑張ってください。

公務員試験を受ける人達の中で、インターンシップ研修に参加する学生は少ないと思います。試験勉強ももちろん大切ですが、研修に参加することによって、参加しなければわからなかった業務や職場の雰囲気など、また仕事をする上で自分が足りないものを発見することができるので、非常に良い経験になると思います。また、一日一日目標をもって業務に取り組むともっと成長できると思います。

〒564-8550  大阪府吹田市泉町1丁目3番40号   (高層棟5階)

Tel:

【人事】 06-6384-1400

【給与】 06-6384-1405

【厚生】 06-6384-1408

【研修】 06-6384-1427

Fax:06-6337-1631

mail:

【人事・給与・厚生】 so_jinji@city.suita.osaka.jp

【研修】 shok_ken@city.suita.osaka.jp