メール119とFAX119

消防本部では、従来の音声による119番通報に加えて、文字による通報方法としてメール119とFAX119の受信装置を備えています。

 

メール119とは

聴覚や言葉の不自由な方が、自宅や外出先で急に気分が悪くなったり、火事を発見したときな どに、インターネットに接続されたパソコ携帯電話などから電子メールを使って、救急車や消防車の出動を要請することができるものです。

メール119の対象となる方

聴覚や言葉が不自由で、電話による119番通報が困難な方を対象としています。

メール119の利用できるエリア

吹田市の救急車や消防車の出動できる範囲は、高速道路など一部を除いて吹田市内に限られています。

メール119の利用方法

インターネットに接続した携帯電話などから、メール119専用アドレスにメール送信してください。このとき、必ず、救急車や消防車が向かう場所、氏名など必要事項を入力してください。
メール119を受信すると、消防本部から確認メールを送信します。確認メールが届かない時は再送信するか、他の方法で通報してください。

 

メール119による通報と確認メールの例

通報者のメール(1) 消防本部からの確認メール(1)

 件名:救急
 本文:救急車
         泉町1-○○-○○
         △△マンション201号
         吹田太郎 00才

        足が痛くて歩けない。              

 件名:Re.救急
 本文:吹田市消防本部です。
        救急車は通報場所に出動しました。
        玄関の鍵を開けてお待ちください。
 
通報者のメール(2) 消防本部からの確認メール(2)
 件名:火事
 本文:家が燃えている。
         泉町1-○○-○○
         △△交差点南側
         吹田太郎
         黒い煙が上がってる。             
 件名:Re.火事
 本文:吹田市消防本部です。
         消防車は通報場所に出動しました。
         安全な場所に避難してください。

 
救急車や消防車の向かう場所をできるだけ詳しく送信してください。

注意事項


ダイヤあなたからのメールは、インターネットの回線状態によってすぐに届かない場合もあります。
  メール119のあと、消防本部からの確認メールが返信されてこない場合は、直ちに近くの人に助けを求めたり、FAXによる通報など他の手段を講じてください。

ダイヤ携帯電話のメール設定で着信を拒否されますと消防からのメールが受信できなくなります。

  必ず消防からのメールを受信できるように設定変更しておいてください。

ダイヤメール119アドレスは緊急用です、「問い合わせ等」や「ご意見」などには決して使わないでください。

ダイヤメール119専用アドレスは、いざという時すぐに使えるように携帯電話などの「アドレス帳」に登録し、あなたの住所や氏名など必要事項を入力しておくことをお勧めします。

 メール119の通信料金は通報者のご負担となります。


メール119専用アドレス


address
(不正防止のため、このメールアドレスはコピーできないようになっています。あなたの携帯電話などに直接
入力してください。)

 


 

FAX119について

 吹田市内では、FAXでの119番通報もご利用できます。

救急や火災の内容や住所、目標物、氏名等を記入した用紙(別紙参照)をFAXで局番無しの「119番」に送信してください。
あらかじめ上記の用紙に必要事項を記入し、FAXの近くに備えておいくと便利です。
メール119と比べ、確実な通報ができるので、在宅中の通報には是非ご利用ください。


 


〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1丁目21番6号  (消防本部・西消防署合同庁舎6階)

mail:【指令情報】 sfd-shirei@city.suita.osaka.jp 

         【指揮調査】 sfd-chosa@city.suita.osaka.jp

Tel: 06-6193-1119(直通)

Fax: 06-6193-0100

▲消防本部トップページへ戻る 消防本部トップページへ戻る