冬季に多発する高齢者の入浴中の事故にご注意下さい

入浴は体が温まって血行がよくなり、気分をリラックスさせてくれます。

浴室は日々の疲れを取り、体を癒やしてくれる場です。

しかし、「冬季の高齢者の入浴」については、重大な救急事故に繋がる危険因子が多いと言われています


ヒートショックについて


12月から2月の冬場に起こりやすい浴槽での事故としてヒートショックがあります。

ヒートショックとは急激な温度の変化によって血圧が大きく変動するなど、身体に大きな負荷が

かかることで起こり、失神、不整脈などの症状が見られます。重症の場合は死に至ることもあります。



                                        

        <寒い脱衣所>          <寒い浴室>       <熱めのお湯に浸かって暖まる>    


         衣服を脱ぐ        ➡  更に血圧が上昇   ➡  血管が拡張して、逆に急激に血圧が低下する

   (急激に体温が低下し血圧が上昇する) 



脱衣所でさむがっている様子

冬場に起こりやす入浴事故の対策

  • 入浴前に脱衣所や浴室を暖めましょう。
  • 湯温は41度以下、湯に漬かる時間は10分までを目安にしましょう。
  • 浴槽から急に立ち上がらないようにしましょう。
  • アルコールが抜けるまで、また、食後すぐの入浴は控えましょう。
  • 精神安定剤、睡眠薬などの服用後入浴は危険ですので注意しましょう。
  • 入浴する前に同居者に一声掛け、同居者は、いつもより入浴時間が長いときには入浴者に声掛けをしましょう。



病気やケガで病院へ行った方がいいのか?救急車を呼んだ方がいいのか?

どのような応急処置をとるべきか判断に迷ったときは、電話で相談できる窓口(#7119)へご連絡下さい。


#7119