地震に伴う、り災証明・り災届出証明について

 1 地震に伴う、り災証明・り災届出証明について

 

  平成30年(2018年)6月18日(月)に発生した地震により被害を受けられた皆さまには心よりお見舞い申し上げます。

この度の地震により被害にあわれた方で「り災証明」・「り災届出証明」が必要な方につきましては、(1)(2)のとおりの手続きとなります。

  なお、山田出張所、千里丘出張所での一部損壊の自己判定方式による、り災証明の特設窓口は終了しました。

 


(1)り災証明書(住家の被害)

り災証明とは、吹田市内の住家の被害程度について、被災者の応急的、一時的な救済を目的に、本人の申し出により市長が確認できる被害の程度について証明するものです。

り災証明のため、被災された住家の被害認定調査を行っています。

被害認定調査とは、今回の地震により被害を受けられた住家に対し「り災証明書」の交付を目的として、内閣府が定めた「災害に係る住家の被害認定基準運用指針」等に基づき「全壊」、「大規模半壊」、「半壊」や、半壊に至らない「一部損壊」の4区分で「被害の程度」を判定し認定する調査です。
   

地震の災害により住家に被害を受けられた方で、り災証明書の必要な方は、資産税課へご連絡ください。

順次、身分証明書を携行した本市職員が調査に伺います。

調査後、約1週間で市民課102番窓口、山田出張所、千里丘出張所、千里出張所にて申請ができます。

屋根の修理等で急がれる方は、事前に写真を撮っておいてください。

屋根の補修等軽微な修理が完了されている方は、領収書等(修理内容が分かる書類)でも対応します。

なお、保険金等の請求には、り災証明書は原則必要ないと確認していますが、り災証明書の要否については、ご加入の保険会社等にお問い合わせください。


「一部損壊」と被害を認定する自己判定式方式について


被災された皆様へ~保険金等の請求をされる方へのお知らせ (PDFファイル; 219KB)


受付日時

平日:午前9時から午後5時30分まで


問い合わせ先

調査について:資産税課  06-6384-1245

発行について:市民課     06-6384-1147


(2)り災届出証明書(動産等住家以外の被害)

り災届出証明書とは、動産等の被害の届出があったこと市長が証明するものです。

地震により動産等住家以外の被害を受けられた方で、り災届出証明書が必要な方は、直接市民課、山田出張所、

千里丘出張所、千里出張所で申請ください。

なお、保険金等の請求に際するり災届出証明書の要否については、ご加入の保険会社等にお問い合わせください。


受付日時

平日:午前9時から午後5時30分まで


必要なもの

・本人確認書類(運転免許証、パスポート等)

・代理人の場合は委任状(届出本人か同一世帯でない場合)

り災届出証明書 (PDFファイル; 59KB)(市民課窓口にもあります。)


問い合わせ先

市民課  06-6384-1147


(3)手数料の免除について(300円→0円)

免除期間平成30年6月19日(火)から平成31年6月30日まで


〒564-8550  大阪府吹田市泉町1丁目3番40号   (中層棟1階)

Tel:

【庶務・郵送請求】06-6384-1233

【住民記録】06-6384-1235

【戸籍】06-6384-1236

【証明】06-6384-1237

【住居表示】06-6384-1147

【吹田市マイナンバーコールセンター】

   06-6318-7775

Fax:06-6368-7346

mail:shimin_k@city.suita.osaka.jp