国外から転入するとき

 

1.国外からの転入の届について

 
 

必要書類

住民異動届(窓口にあります)

 

パスポートの原本(帰国日が記載されているものを確認します)

転入する方全員分

 

戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)又は戸籍個人事項証明書(戸籍抄本) 1通(※1)

転入する方全員が記載されているもの

 

戸籍の附票の写し(国外から転入の方全員分) 1通(※1)

 

本人確認書類

窓口に来られる方の運転免許証、パスポート、個人番号カード、住民基本台帳カード (写真入)など。

本人確認についてのページを参考にしてください。

 

印鑑

他の窓口で必要な場合があります。

 

在留カード、特別永住者証明書(お持ちの方のみ)

外国籍の方は、転入後の世帯の世帯主との続柄がわかる本国の官憲が発行した証明書(家族事項証明書、婚姻証明書等)とその訳文及びパスポートが必要な場合があります。

詳しくはお問い合わせください。

 

委任状(必要な方のみ)

代理の方が届出をする場合は必ず委任状をご用意ください。
代理の方が近親者(親子・夫婦など)の方でも、住所が異なる場合や、住所が同じでも世帯が異なる場合は委任状が必要です。

委任状についてのページを参考にしてください。

 

 国外移住届を出して国外へ転出された方が、帰国して吹田市に居住する場合は、住民登録が必要です。

 転入したご本人、又は代理人の方が届出を行なってください。

 

※1

 転入届に必要な転出証明書に相当するものとして、戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)と戸籍の附票が必要です。

 

 国外から転入の方の中で戸籍が別の方がいる場合は、それぞれの方の戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)と戸籍の附票が必要です。

 届出時点で、本籍地が吹田市の方は戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)と戸籍の附票は不要です。

 5年以内に吹田市から国外に転出し、そのまま国外から吹田市に転入される方で、転出当時と本籍地・筆頭者・氏名の変更がない場合は戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)と戸籍の附票は不要です。

 

 

 

届出期間

吹田市に転入した日から14日以内

吹田市に住み始めてから14日以内に国外からの転入届をしてくだい。

 
 

受付窓口

国外からの転入届は、市役所市民課・各出張所で受け付けします。

 

窓口

取扱時間

市民課

山田出張所

千里丘出張所

千里出張所

月曜日~金曜日

午前9時00分~午後5時30分

 

曜日の取扱はありません。

日曜・祝休日と年末年始(12月29日~1月3日)は休業です。

市民サービスコーナーでの受付はできません。

 
 

郵送で戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)等を請求する場合

 本籍地の市区町村にご請求ください。

 請求する場合は、便せん等に必要事項を記入した請求用紙・送付先を書いた返信用封筒・返送分送料(切手)・手数料・本人確認書類のコピーを同封して本籍地の市区町村まで郵送してください。

 請求方法及び手数料は市区町村によって異なりますので、本籍地の市区町村へお問い合わせください。

 

 
 

2.国外からの転入の届に伴う主な手続

 

国民健康保険(国民健康保険室
国民年金(国民年金課
高齢者医療 (国民健康保険室
介護保険(高齢福祉室
児童手当子育て給付課
小・中学校(学務課

運転免許証記載事項変更届(大阪府警察

 

(市民課)

 住民票などの請求について

 印鑑登録の方法について

 印鑑登録証明書の請求について

 住民基本台帳カードについて

 
 
 

〒564-8550  大阪府吹田市泉町1丁目3番40号   (中層棟1階)

Tel:

【庶務・郵送請求】06-6384-1233

【住民記録】06-6384-1235

【戸籍】06-6384-1236

【証明】06-6384-1237

【住居表示】06-6384-1147

【吹田市マイナンバーコールセンター】

   06-6318-7775

Fax:06-6368-7346

mail:shimin_k@city.suita.osaka.jp