障がい基礎年金を受け取る手続き

 
 
国民年金の障がい基礎年金について、ご案内します。

 

国民年金加入中に初診日がある病気やケガが原因で、障がいの状態になったときに受けることができます。

受給するためには、下記両方の条件を満たす必要があります。

1. 初診日の前日において、初診日が属する月の前々月までの被保険者期間の3分の2以上の保険料納付済期間・免除期間(若年者納付猶予期間・学生納付特例期間を含む)があること。
※平成38年3月31日までに初診日がある場合は、初診日の前々月までの直近1年間に保険料未納期間がないこと。ただし、初診日に65歳未満であること。
2.

障がい認定日に国民年金法で定められている障がい等級の1級又は2級の障がいの状態にあること。

20歳前の病気やケガによって障がいの状態になった場合は、2.の条件に該当すれば障がい基礎年金を受けることができます。

※障がい認定日とは、病気やケガにより、初めて診察を受けた日(初診日)から1年6か月を経過した日、または1年6か月を経過することなく症状が固定したときはその日をいいます。なお、20歳前に初診日がある場合で、かつ初診日から1年6か月を経過した日が20歳前となる場合は、20歳になった日が障がい認定日となります。

  

手続き先、手続きに必要なものなど、くわしくは、
国民年金課へお問い合わせください。
 
または、日本年金機構もしくは、厚生労働省のホームページをご参照ください。
 
 

〒564-8550  大阪府吹田市泉町1丁目3番40号   (低層棟1階)

Tel:06-6384-1209

Fax:06-6368-7346

mail:nenkin-shomu@city.suita.osaka.jp