60歳からの任意加入

 

 

国民年金の60歳からの任意加入について、ご案内します。

 

60歳からの任意加入は、60歳になっても受給資格期間(10年)を満たしていない人、または、受給資格を満たしていても40年の納付済期間がないため満額の老齢基礎年金額を受給できない人は、65歳または老齢基礎年金の満額になるかのどちらか早いときまで保険料を納めることで、受給資格期間を満たしたり、老齢基礎年金の金額を増やすことができる制度です。

ただし、65歳まで加入してもまだ年金を受け取るための期間が不足する人は、70歳になるまでの期間で資格を満たす場合のみ、加入期間を資格満了まで延長できます。(誕生日が、昭和40年4月1日以前の方のみ)
任意加入は申し込みをした日からでき、いつでもやめることができます。

加入手続きに必要なものは、年金手帳・印鑑、年金保険料の支払いは口座振替が原則となりますので、通帳と口座の届出印も必要になります。65歳までに受給資格を満たさない場合や、合算対象期間を使用する場合には、戸籍謄本やパスポートなどが状況に応じて必要になります。

国民年金課で手続きをしてください。

 

くわしくは、
国民年金課へお問い合わせください。
 
または、日本年金機構もしくは、厚生労働省のホームページをご参照ください。
 
 

〒564-8550  大阪府吹田市泉町1丁目3番40号   (低層棟1階)

Tel:06-6384-1209

Fax:06-6368-7346

mail:nenkin-shomu@city.suita.osaka.jp