非核平和都市宣言

   吹田市は、平和を希求する市民の総意のもと、人類共通の願いである恒久平和の実現と核兵器の廃絶を願い、昭和58年(1983年)8月に非核平和都市宣言を行いました。
都市宣言

非核平和都市宣言
モニュメント

   真の恒久平和は、人類共通の願いである。
   しかるに、近年、世界において軍備の拡張は依然として続けられ、世界平和に深刻な脅威をもたらしていることは、全人類のひとしく憂えるところである。
   わが国は、世界最初の核被爆国として、また、平和憲法の精神からも再びあの広島・長崎の惨禍を絶対に繰り返させてはならない。
   吹田市は、日本国憲法にうたわれている平和の理念を基調に、市民の健康で文化的な生活の向上をめざし“すこやかで 心ふれあう文化のまち”づくりをすすめており、平和なくしては、その実現はありえない。
   よって、吹田市は、平和を希求する市民の総意のもとに、わが国の非核三原則が完全に実施されることを願うとともに、核兵器の廃絶を訴え、ここに非核平和都市であることを宣言する。

 
昭和58年(1983年)8月1日 吹田市


  

〒564-8550  大阪府吹田市泉町1丁目3番40号   (高層棟1階 134番窓口)

【Tel】(人権平和室) 06-6384-1513  (人権啓発推進協議会) 06-6384-1539

【Fax】 06-6368-7345

【mail】(人権平和室) jin_kent@city.suita.osaka.jp

(人権啓発推進協議会) suitajinken@wi.kualnet.jp