乳幼児の相談・教室

出産後の育児相談など


産婦・新生児・未熟児訪問


産後ママ相談(電話・面接相談)

 

乳幼児訪問

 

健康電話相談


 

教室(交流会・相談会・講習会)など

プレママ・産後ママゆったりスペース



すくすく赤ちゃんクラブ

対象:4か月児のお子さんとその保護者

      

    

 

離乳食講習会

対象:生後5~6か月頃または、9~11か月頃のお子さんのいる保護者


離乳食講習会のお知らせ(平成29年度) (PDFファイル; 154KB)

     市報「すいた」にも掲載しております。

             

 

赤ちゃんの歯の広場

対象:生後4か月から12か月までの乳幼児とその保護者

  


らっこクラブ~地域子育て交流会~

平成29年3月を以て、終了いたしました。




 乳幼児の事故予防  

    現在、わが国では、「不慮の事故」が子どもの死亡原因の上位となっています。0歳児では、窒息が多く、1~4歳児では、交通事故や溺死も多くなってきます。子どもを事故から守るのは大人の責任です。どんな事故が起こりやすいか知り、定期的にお家の中の点検をするとともに、お子さんから目を離さないようにしましょう。

        

      月齢・年齢別に見る起こりやすい事故 (PDFファイル; 124KB)

     

      事故予防のポイント(出典:大阪府) (PDFファイル; 488KB)

          

      事故への対処方法 (PDFファイル; 174KB)

     

      子どもの命を守るチャイルドシート

        子どもの命を守るため、また、事故による被害を防止・軽減するために、自動車に同乗させるときには、必ず正しく使用し

     ましょう。(生まれた赤ちゃんが退院して自宅に初めて帰る時から使用できるよう、出産前から準備しておきましょう。)
     6歳未満の子どもを同乗させて自動車を運転するときは、チャイルドシートを使用することが義務付けられています。
                                    
      車の中の危険
         窓を閉め切った車の中は、真夏でなくても短時間で車内温度が上昇するので、子どもが脱水や熱中症を引き起こし、命を  
      落とすことがあります。子どもが車内の装置を動かして事故につながることもあります。どんなに短時間でも、決して子ど
      もだけを残して車を離れてはいけません。
         また、パワーウィンドウに首や指を挟む事故が起きています。操作する前には必ず一声かけ、普段はロックしましょう。


     

        

         

         

         

          

  





 

Adobe Acrobat ReaderをダウンロードPDFファイルを閲覧・印刷するためには、 Adobe Reader (アドビリーダー)が必要です。

AdobeのWebサイト(外部リンク)から無償でダウンロードできます。

〒564-0072 大阪府吹田市出口町19番2号

【業務時間】午前9時~午後5時30分

【休日】土・日曜日、祝・休日、年末年始

Tel:06-6339-1212

Fax: 06-6339-7075

mail: hoknc_kr@city.suita.osaka.jp