高齢者肺炎球菌ワクチン

病気の説明

 肺炎球菌性肺炎は、成人肺炎の25~40%を占め、特に高齢者での重篤化が問題になっています。肺炎のほかにも慢性気道感染症、中耳炎、副鼻腔炎等を起こすことがあります。肺炎球菌は主に高齢者や乳幼児、免疫の弱っている方で病気を起こし、ときに敗血症や髄膜炎といった重篤な疾患の原因ともなります。

肺炎は、現在、日本人の死因第3位となっており、日常でかかる肺炎の原因菌で最も多いのは、「肺炎球菌」といわれています。

 

肺炎球菌ワクチンとは

 肺炎球菌には93種類の血清型があり、平成26年10月1日からの定期接種で使用される「ニューモバックスNP(23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン)」は、そのうちの23種類の血清型に効果があります。また、この23種類の血清型は成人の重症の肺炎球菌感染症の原因の約7割を占めるという研究結果があります。ただし、肺炎球菌ワクチンは、肺炎のすべてを予防するワクチンではありませんが、接種することによって肺炎球菌による肺炎などの感染症を予防し、重症化を防ぎます。

肺炎球菌ワクチンの効果の継続期間は、1回接種で5年以上にわたって効果が継続するといわれています。

 

ワクチンと副反応

稀に報告される重い副反応として、アナフィラキシー様反応、血小板減少、ギランバレー症候群、蜂巣炎用反応等が報告されています。また、その他に副反応として注射部位の腫脹、痛み、熱感、発赤が5%以上認められ、1~5%程度の頻度で筋肉痛、倦怠感、悪寒、頭痛、発熱も認められています。

 

 

高齢者肺炎球菌ワクチンの定期接種について

対象者

年度によって、対象者が変わります。注意して予防接種を受けましょう。

 

★平成30年度の対象者(平成31年3月31日まで)

※すでに肺炎球菌ワクチン(23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン)の接種を受けたことがある方は対象外となります。

(1)平成30年度に65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳となる方

(定期予防接種では、民法の解釈により誕生日の前日に年齢が加算すると考えます)

65歳となる方

昭和28年4月2日生まれ~昭和29年4月1日生まれ

70歳となる方

昭和23年4月2日生まれ~昭和24年4月1日生まれ

75歳となる方

昭和18年4月2日生まれ~昭和19年4月1日生まれ

80歳となる方

昭和13年4月2日生まれ~昭和14年4月1日生まれ

85歳となる方

昭和  8年4月2日生まれ~昭和  9年4月1日生まれ

90歳となる方

昭和  3年4月2日生まれ~昭和  4年4月1日生まれ

95歳となる方

大正12年4月2日生まれ~大正13年4月1日生まれ

100歳となる方

大正  7年4月2日生まれ~大正 8年4月1日生まれ

 

 ※平成30年度の対象者は、平成31年3月31日までに予防接種を受けましょう。

 

 (2)60歳以上65歳未満の方で、心臓、腎臓、呼吸器の機能、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障がいを有する方(身体障がい者手帳1級)

 

 ★平成27年度から平成30年度までの対象者

(1)該当する年度に65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳となる方

(2)60歳以上65歳未満の方で、心臓、腎臓、呼吸器の機能、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障がいを有する方(身体障がい者手帳1級)

※すでに肺炎球菌ワクチン(23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン)の接種を受けたことがある方は対象外となります。

 

 

★平成31年度からの対象者

(1)65歳の方

(2)60歳以上65歳未満の方で、心臓、腎臓、呼吸器の機能、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障がいを有する方(身体障がい者手帳1級)

 ※すでに肺炎球菌ワクチン(23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン)の接種を受けたことがある方は対象外となります。

※現時点では、65歳以上の方の定期の予防接種を受ける機会は、平成30年度までの該当する年度のみとなります。

 

接種回数

1回接種

 

接種期間

平成30年4月1日(日)から平成31年3月31日(日)まで

 

接種費用

2,000円

※市民税非課税世帯もしくは生活保護世帯に属する方は、接種2週間前までに保健センターへ申請すれば、接種費用が免除(無料)になります。

 

下記申請書をダウンロード、または市内協力医療機関、地域包括支援センター、保健センター南千里分館にも設置していますので、必要事項を記入の上、申請してください。(郵送可)



高齢者肺炎球菌一部負担金免除申請書 (PDFファイル; 171KB)


接種場所

吹田市における、協力医療機関・被接種者の居宅・高齢者施設

※接種日時は、接種協力医療機関によって異なります。予約が必要な場合がありますので、事前にご確認ください。

詳しくは、予防接種・乳幼児健診・大人の各種健(検)診などの協力医療機関一覧内の、高齢者肺炎球菌予防接種協力医療機関をご確認ください。

 


吹田市以外の市町村で接種を希望される場合

高齢者肺炎球菌ワクチンの予防接種は、お住まいの市町村で受けていただくことが原則です。

ただし、吹田市に住民登録がある人が、かかりつけ医療機関が他市町村にある・他市町村の高齢者施設に入所している等の理由で、吹田市以外の市町村(※)での接種を希望される場合は、吹田市が発行する接種する市町村(または医療機関)あての「依頼書」が必要です


  (※)豊中市・池田市・摂津市・豊能町・能勢町・島本町で接種される場合は、依頼書は不要です。


この依頼書は、吹田市外の医療機関や高齢者施設で予防接種を受ける際、定期予防接種としての実施責任が吹田市長にあることを示すために必要な書類です。万が一、受けた予防接種により健康被害が生じた場合には、吹田市が救済のための措置を講じます。

接種後には発行できませんので、必ず接種の前に「依頼書」の手続きをとってください。

(依頼書なく接種された場合は、任意接種となります。)


 【手続きの方法】

1  接種の前に、接種する市町村の予防接種担当部署に、次の3点をご確認ください。

   (1)他市町村で接種する場合の手続きと注意事項

   (2)接種費用の有無

   平成30年4月1日以降の接種について、実費(医療機関等が定める金額)で接種を受けた場合、後日吹田市に接種費用の助成を申請することができます(上限あり)。下記の「吹田市以外の市町村での定期予防接種費用の助成について」をご確認ください。

   (3)依頼書の宛先(市町村長宛か医療機関長宛か)と送付先を確認してください。


2  以上について確認のうえ、「吹田市定期予防接種実施依頼書発行願」を、記入例を参考に記入してください。

 ※依頼書発行には数日要しますので、少なくとも接種予定日の2週間までに発行願を提出してください。

 ※市民税非課税世帯、生活保護世帯、中国残留邦人等支援給付受給世帯に該当される方は「高齢者肺炎球菌一部負担金免除申請書」も一緒に提出してください。


3 発行願を保健センター窓口に提出または郵送してください。保健センター南千里分館窓口に提出することもできます。


4 発行願を受付確認後、予防接種依頼書を送付します。


吹田市外の市町村での定期予防接種費用の助成について

  平成30年4月1日以降の接種分について、吹田市外で定期予防接種を実費(医療機関等が定める金額)で受けた場合、一旦全額を自己負担していただき、後日吹田市に接種費用の助成を申請することができます。

  申請方法については依頼書交付時に詳しいご案内をします。

※助成金額には上限があります。

※助成は依頼書を提出して受けた定期予防接種に限ります。接種前に依頼書の発行を受けていない場合、助成の対象となりません。

 

関連情報予防接種

厚生労働省ホームページ【肺炎球菌感染症(高齢者)Q&A】

PDFファイルについて

PDF形式のファイルを閲覧・印刷するためには、専用のソフトウェアが必要です。

PDFファイルが閲覧できない場合は、アドビ社から無償提供されているソフトウェア「Adobe Reader(アドビリーダー)」をダウンロードし、インストールしてください。

Adobe Readerをダウンロード

 

 

〒564-0072 大阪府吹田市出口町19番2号

【業務時間】午前9時~午後5時30分

【休日】土・日曜日、祝・休日、年末年始

Tel:06-6339-1212

Fax: 06-6339-7075

mail: hoknc_kr@city.suita.osaka.jp