平成30年度定期の予防接種について

定期の予防接種

 吹田市の予診票(※)に必要事項を記入し、母子健康手帳持参のうえ、予防接種協力医療機関で接種を行ってください。接種に際しては「予防接種と子どもの健康」または「予防接種のお知らせ」を読んで、必要性や副反応、健康被害についてご理解ください。また、医療機関によって接種の曜日、時間が異なりますので、医療機関に掲示してあるポスターで確認してください。
※生後2か月になる日の前月末に保健センターから吹田市予防接種手帳(予診票のつづり)を送ります。
転入・紛失などで吹田市の予診票がない場合は、保健センターにご連絡ください。
以下の定期接種の接種費用は無料となります。
 詳しくは平成30年度予防接種の種類と対象年齢等 (PDFファイル; 156KB)をご覧ください。

吹田市以外の市町村で定期の予防接種を希望される方へ

定期の予防接種は、お住まいの市町村で受けていただくことが原則です。

ただし、吹田市に住民登録がある人が、里帰り出産等で他市町村に滞在する・かかりつけ医が他市町村にある等の理由で、吹田市以外の市町村(※)での接種を希望される場合は、吹田市が発行する接種する市町村(または医療機関)あての「依頼書」が必要です。 

 

(※)豊中市・池田市・茨木市・箕面市・摂津市・豊能町・能勢町・島本町で接種される場合は、依頼書は不要です。

        吹田市の予診票を使用して接種してください。接種費用は無料です。

 

この依頼書は、吹田市外の医療機関で予防接種を受ける際、定期予防接種としての実施責任が吹田市長にあることを示すために必要な書類です。万が一、受けた予防接種により健康被害が生じた場合には、吹田市が救済のための措置を講じます。


【注意事項】

・接種後には発行できませんので、必ず接種の前に「依頼書」発行の手続きをしてください。 

 依頼書なく接種された場合は、任意接種となります。

・依頼書には有効期限がありますので、市外での接種が確定している予防接種のみ発行の手続きをしてください。

 同一ワクチンを期間をあけて複数回接種する場合等については、保健センターへご相談ください。

 

【手続きの方法】 

1.必ず接種を受ける前に接種する市町村の予防接種担当部署に、次の3点を確認してください。 

(1)他市町村で接種する場合の手続きと注意事項 

(2)接種費用の有無 

平成30年4月1日以降の接種について、有料で接種を受けた場合、後日吹田市に接種費用の助成を申請することができます(上限あり)。下記「吹田市以外の市町村での定期接種費用の助成について」をご確認ください。

(3)依頼書の宛先(市町村長宛か医療機関長宛か)と送付先

 

2.以上について確認のうえ、「吹田市定期予防接種実施依頼書発行願」を記入例を参考にして記入してください。 

依頼書発行には数日要しますので、少なくとも接種予定日の2週間前までに発行願を提出してください。


吹田市定期予防接種実施依頼書発行願 (PDFファイル; 113KB)

記入例 (PDFファイル; 170KB)


3.発行願を保健センター窓口に提出または郵送してください。保健センター南千里分館窓口に提出することもできます。


4.発行願を保健センターで受付確認後、予防接種依頼書を送付いたします。


吹田市以外の市町村での定期予防接種費用の助成について

平成30年4月1日以降の接種分について、吹田市外で定期予防接種を受けた接種費用が有料であった場合、一旦全額自己負担していただき、後日吹田市に接種費用の助成を申請することができます。

申請方法については、依頼書交付時に詳しいご案内をします。

※助成金額には上限があります。

※助成は依頼書を提出して受けた定期予防接種に限ります。年齢や接種間隔が定期予防接種対象外である場合(任意接種)や、接種前に依頼書の発行を受けていない場合は、助成の対象となりません。


 

◆平成25年1月30日より、長期にわたり療養が必要な疾病等により、定期の対象期間内に予防接種ができなかった方に、一定期間の接種機会が設けられました。詳しくは保健センターまでお問い合わせください。

 

〒564-0072 大阪府吹田市出口町19番2号

【業務時間】午前9時~午後5時30分

【休日】土・日曜日、祝・休日、年末年始

Tel:06-6339-1212

Fax: 06-6339-7075

mail: hoknc_kr@city.suita.osaka.jp