乳がんについて

 日本人女性がかかるがんで最も多いのは乳がんです。近年増加しており、特に40歳代~50歳代で増えています。乳がんは早期発見により、適切な治療を受ければ、比較的良好な経過が期待できます。




乳がん検診について

視触診単独検診(30歳代)1年に1回

  医師が目で乳房を観察してくぼみや乳頭のひきつれがないか、手で触ってしこりがないか、リンパ節が腫れていないかの状

  況などを調べます。

視触診・マンモグラフィ併用検診(40歳以上)2年に1回

  視触診に加えて、マンモグラフィは乳房を片方ずつ撮影します。マンモグラフィによって、小さなしこりも見つけることが 

  できます。

 

  ★検診結果で要精密検査と判定されたら、必ず精密検査を受けましょう。


乳がん検診の精密検査について

マンモグラフィ

  病変が疑われた部位を詳しく観察するため、多方向から観察します。


乳房超音波検査

  超音波により病変が疑われた部位を詳しく観察します。


穿刺吸引細胞診、針生検

  しこりなど疑わしい病変が見つかった場合、細い注射針を刺して細胞や組織を採取し、悪性かどうか調べます。




症状がある場合は早めに乳腺外科を受診しましょう

  しこり、乳房のひきつれ、乳頭から血性の液が出る、乳頭のただれなど。症状がある場合は、速やかに乳腺外科を専門とす 

 る医療機関を受診しましょう

 


 


自己触診法について

  乳がんは、唯一自分で見つけられるがんです。毎月1回の自己触診を習慣にしましょう。

 

実施時期

  月経後の1週間以内、閉経後の方は毎月1回、日を決めて行いましょう。

 

実施方法

  ●鏡の前でチェック

  腕を高く上げて、ひきつれ、くぼみ、乳輪の変化がないか乳首のへこみ、湿疹がないか確認します。

  また、腕を腰に当てて、しこりやくぼみがない確認します。


 

 

 

  ●触ってチェック

  乳房にしこりなどがないか、触って調べましょう。


  指で触る範囲…乳房の部分だけではなく、下は肋骨の弓側のところまで、内側は肋骨の中央、外側は脇の下まで。

         (下図の黄色部分)

  触り方…………4本の指をそろえて、指の腹で肋骨をなぞるように触れます。

         左乳房をふれるときは右手で、右乳房は左手で触りましょう。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



【関連リンク集】

厚生労働省ホームページ「がん対策情報」

大阪府ホームページ「がん検診について」

大阪がん循環器病予防センターホームページ「乳腺の検査」




〒564-0072 大阪府吹田市出口町19番2号

【業務時間】午前9時~午後5時30分

【休日】土・日曜日、祝・休日、年末年始

Tel:06-6339-1212

Fax: 06-6339-7075

mail: hoknc_kr@city.suita.osaka.jp