平成30年度 市民健康教室

「美しく健康に!女性の健康講座」を開催しました。

 教室名   

「美しく健康に!女性の健康講座」

と  き

 

平成30年10月30日(火)10:00~12:00


 会場

 千里市民センター 大ホール

内容

 

講義  「乳がんと自己触診の方法について」
講師:大阪がん循環器病予防センター看護師


運動  「リズムに合わせてストレッチ&筋トレ」

講師:文化スポーツ推進室運動の専門職員


 参加者数

17人

 

教室の様子

 10月は乳がん月間です。乳がんは、日本人女性の11人に1人がかかると言われており、女性のがんでは、り患率1位です。一方で、早期に発見できれば治癒率が高いがんでもあります。

講義の前半では、乳がんについてクイズを交えながらわかりやすくお話していただきました。



看護師の講義

看護師が講義をしている様子看護師が講義をしている様子


 講義のなかで「自己触診法の目的は、“いつもとちがう”に気づくことです。そのためには自分自身の普段の乳房の状態をしっかりと覚えることから始めましょう」とお話がありました。

 自分自身の普段の乳房の状態を知るためにも、必ず1か月に1回は自己触診を行う習慣を取り入れましょう。自己触診を行う時期は、月経が終わって、1週間以内の乳房の柔らかい時期。閉経後の方は、毎月、日を決めて行うのが最適です。



乳がんのモデルを実際に触っている様子



      講義の中では、乳がんのしこりが埋め込まれている自己触診モデルを実際に触り、

    しこりがどこに何か所あるのかを探しました。

      皆さん4本の指を揃えて、指先の腹を使って軽く押さえながらモデルを触っており、

    正しい方法でしこりを探すことが出来ていました。






 参加された方からは、「実際に乳房モデルを触らせてもらえてよかった」「自分が乳がんのリスクが高いことが分かった」「今後、検診に行きます」という感想が聞かれました。






運動の専門職員による運動

実際に運動をしている様子運動をしている様子


 講義の後半では、 音楽に合わせてストレッチと筋トレを行いました。

テンポアップした音楽に合わせて、膝回しやスクワットの他にも、腹式呼吸やストレッチなど座って行いました。

 運動を継続して行うことは、免疫力も高まり、がんの予防にも効果があります。楽しく運動をすることで、がんの予防もできるのはとてもいいことです。

 自宅でも出来る運動がたくさん取り入れられており、参加された方からは、「楽しく、気持ちよく身体を動かすことが出来ました」「日常生活でも運動を取り入れていきたいです」という感想が聞かれました。


 


 

  ご自身の体の状態を知るには、定期的に健康診査やがん検診を受けることが大切です。体の変化などをいち早くキャッチして、健康管理に役立てることができます。定期的に健(検)診を受けましょう!

乳がん検診もぜひ、受診をしてください。詳しくは大人の検診(保健センターホームページ)をご覧ください。