プラスチックごみ

私たちの生活に身近なプラスチック

   私たちの身の周りには、さまざまなプラスチックが溢れています。文房具や包装容器のような小さなものから、車、飛行機など

   大きなものまで、プラスチックは私たちの生活になくてはならないものです。一方、近年使用済みプラスチックごみがもたらす

   環境への影響が課題となっています。



プラスチックごみが与える環境への悪影響とは?

海に流出するプラスチックごみ

     私たちの生活で発生したプラスチックの一部は様々な形で海へ流出し、海洋プラスチックごみとして海を漂います。

     世界全体で毎年少なくとも800万t分のプラスチックごみが海に流出しているとされています。

     これらの海洋プラスチックごみは海の生態系に大きな影響をもたらします。


プラの流れ


    一度流出した海洋プラスチックごみは回収が難しく、このままのペースで推移すると2050年までに

    海洋プラスチックの量が魚の量を上回る計算です。(重量ベース)




燃焼すると発生する温室効果ガス

    石油由来のプラスチックを燃焼するとCO2などの温室効果ガスが発生します。

    温室効果ガスが増えすぎてしまうと、熱が十分に宇宙に放出されず、地球温暖化に繋がります。

    例えば石油由来のレジ袋1枚(約6.8g)を燃焼するとCO2が16.8L発生します。

    

    レジ袋(HP用)


    2Lのペットボトルが8本半分だと考えると、結構な量ですよね?

    環境省によると1人当たりの年間レジ袋使用枚数は約240枚と言われています。



私たちにできることはなんでしょう?

No!レジ袋

      スーパーやコンビニで買い物をすると、ついレジ袋を貰ってしまう方もいるかもしれません。

      便利だからと余分に貰いすぎて、捨ててしまっていませんか?

      吹田市を含む北摂7市3町の一部の食品スーパーでは、平成30年6月からレジ袋の無料配布を中止して

      います。     

      北摂地域で買い物をされる方が全員マイバッグで買い物をされると、年間約5,000トンのごみと約1万6,000トンのCO2を

      削減できると予想されます。

      吹田市の未来のために、レジ袋の使い方について考えてみましょう。


      どこで無料配布を中止しているの?

      マイバッグって皆が使っているの?


ペットボトルの拠点回収

   ペットボトルの拠点回収に御協力下さい - コピー


その他の活動

使い捨てプラスチック削減コンテスト

      使い捨てプラスチック削減コンテストを開催します。

      詳細は専用ページへ

      使い捨てプラスチック削減コンテスト専用ページ


平成30年度糸田川クリーン作戦

      平成30年10月29日(月)に開催された糸田川クリーン作戦では、多くの市民の方と関係団体職員に

      御参加いただき、吹田市を流れる糸田川の清掃活動を行いました。

      その中で集めたごみを「燃焼ごみ」「不燃ごみ」「プラスチックごみ」に分別しました。


DSCN2797 - コピー

IMG_5041(モザイク)

当日集めたプラスチックごみの一部



     御参加いただいた市民の方に海洋プラスチックごみの問題を知っていただくため

     啓発チラシを配布しました。

      チラシ

〒564-8550  大阪府吹田市泉町1丁目3番40号   (高層棟2階・232番窓口)

Tel:

【庶務】 06-6384-1701

【温暖化・アセス対策】 06-6384-1782

【ごみ減量・啓発】 06-6384-1702

Fax: 06-6368-9900

mail: env-seisaku@city.suita.osaka.jp