文字サイズ

背景色

生物多様性講演会「ウニはすごい バッタもすごい 生きもののすごいデザインと生物多様性」の開催について


   「ゾウの時間   ネズミの時間」で有名な本川 達雄氏による、生物多様性とは何か、及びその保全の重要性について市民の方にわかりやすく知っていただくことを目的とした講演会を開催します。
   現在の地球は、生物の6度目の大量絶滅期にあるといわれています。私たちの暮らしや生命は、いろいろな生きものに支えられていますが、このまま絶滅スピードが加速すれば、現在の生態系のバランスが大きく崩れ、私たちの社会や暮らしにも甚大な影響が及ぶことも考えられます。
   生きものたちのすごいデザインによる生存戦略を知ることを手始めに、40億年をかけて進化してきた精妙な生態系システムと私たちの暮らしや生命がそれに支えられていることを理解し、生物多様性の保全の大切さをあらためて認識していただくきっかけとしていければと思います。

   ぜひお越しください!


名   称

生物多様性講演会「ウニはすごい   バッタもすごい   生きもののすごいデザインと生物多様性」

日   時

 平成30年(2018年)3月17日(土曜日)  14時00分~16時00分(開場:13時30分)

場   所  関西大学ソシオAV大ホール
  (大阪府吹田市山手町3丁目3番35号)
 *阪急千里線「関大前」駅から徒歩約3分
定   員  400名
参加費  無料(申込不要)

主   催

 吹田市、アジェンダ21すいた

後   援

 関西大学

プログラム

 第1部  講演会  本川 達雄 氏(14時00分~15時30分)

 

 第2部  対   談  本川 達雄 氏  ×  木庭 元晴 氏(15時30分~16時00分)

                                           (関西大学特別契約教授)


<登壇者プロフィール>

 本川 達雄 氏(第1部、第2部)

 1948年生まれ。東京大学理学部卒業、同大学助手、琉球大学助教授、デューク大学客員教授を経て

 1991年より東京工業大学理学部教授。2014年3月に退職。専門は動物生理学。

 【著書】『ゾウの時間ネズミの時間』(中公新書 1992年)

             『サンゴとサンゴ礁のはなし』(中公新書 2008年)
             『世界平和はナマコとともに』(CCCメディアハウス2009年)

             『生物学的文明論』(新潮新書 2011年)
             『「長生き」が地球を滅ぼす』(文芸社文庫 2012年)

             『生物多様性 「私」から考える進化・遺伝・生態系』(中公新書 2015年)
             『ウニはすごい バッタもすごい -デザインの生物学』(中公新書 2017年)


 木庭 元晴 氏(第2部)

 1949年生まれ。関西大学特別契約教授、理学博士。東北大学博士課程理学研究科地理学専攻修了。

 琉球列島の過去50万年に亘るサンゴ礁を年代学的に研究して博士号を取得。

 沖縄県全域の三種の土地分類図(国土庁)のうちの地形分類図を担当。

 現在、飛鳥時代の舞台となった飛鳥川周辺に隠された価値世界と土木工事について研究。
  【著書】『地球環境問題の自然的基礎と社会活動』(編著 古今書院 2009年)
              『東日本大震災と災害周辺化学』(編著 古今書院 2014年)
              『ヒト社会と環境』(共著 古今書院 2015年)

お問い合わせ先

 〒564-8550

 大阪府吹田市泉町1-3-40

 吹田市環境部環境政策室 本川達雄氏講演会 担当

 (TEL 06-6384-1782)

  • 開催概要(チラシ)

表裏


〒564-8550  大阪府吹田市泉町1丁目3番40号   (高層棟2階・232番窓口)

Tel:

【庶務】 06-6384-1701

【温暖化・アセス対策】 06-6384-1782

【ごみ減量・啓発】 06-6384-1702

Fax: 06-6368-9900

mail: env-seisaku@city.suita.osaka.jp