工事を施工する際の住民への周知について(吹田市環境の保全等に関する条例の改正)

良好な近隣関係と健全な生活環境を保全することを目的として、工事が行われる際に、周辺住民の皆さまに工事内容が確実に周知されるように、住民説明の方法や解体工事の内容をお知らせする標識の設置等について、新たなルールを定めるため、吹田市環境の保全等に関する条例(以下「条例」という。)が平成29年(2017年)9月1日に改正施行されます。

 

これまで、条例では、特定建設作業※1を伴う建設工事(以下「特定工事」という。)の受注者が周辺住民に工事の内容等を説明することとしていましたが、条例改正後は、特定工事の発注者※2が工事の内容等を説明し、特定工事のうち、解体工事を行う場合は、工事の内容をお知らせする標識を設置することとしました。また、大規模な解体工事を行う場合は、説明会を実施することとし、その実施結果の報告を市に行うこととしました。

 

特定工事を行う際は、条例に基づき、周辺住民に対して確実に工事の内容を周知していただき、周辺住民の理解を得られるよう努めて下さい。

 

今回、本制度に関する手引きを作成しました。説明会の実施方法、標識の設置方法や報告書の提出方法等の詳細が記載されていますので、周辺住民への周知を行う際は必ずご一読下さい。

 

※1 特定建設作業とは、建設工事として行われる作業のうち、著しい騒音又は振動を発生するバックホウやさく岩機等を使用する作業のことをいいます。特定建設作業に関する詳細は、「特定建設作業の規制について」をご覧下さい。

※2 発注者には、請負契約によらないで自ら特定工事をする者を含みます。


住民説明について

特定工事の発注者は、周辺住民に対して、事前に工事の内容等を説明しなければなりません。

条例では、説明範囲、説明方法及び説明内容について定めています。

 

説明範囲

説明範囲は、解体工事とそれ以外の特定工事でその範囲が異なります。

解体工事の場合は、下記の(1)、(2)いずれか広い範囲が説明範囲です。

(1)工事区域の境界線からの水平距離が解体する建築物の高さに相当する距離の2倍の範囲

(2)工事区域の境界線からの水平距離が20メートルの範囲

解体工事以外の特定工事の場合は、工事区域の境界線からの水平距離が20メートルの範囲が説明範囲です。

 

説明範囲図

図1 説明範囲図

 

説明方法

説明方法は、説明会の開催又は戸別訪問による説明です。

ただし、工事区域の面積が1,000平方メートル以上の高さが10メートルを超える建築物を解体する場合は、説明会を実施しなければなりません。

 

説明内容

説明内容は下記の事項を説明して下さい。

  • 工事の名称・場所
  • 工事の発注者・受注者の氏名・連絡先
  • 工事の現場責任者の氏名・連絡先
  • 工事の作業内容
  • 工事の工程
  • 工事の開始時刻・終了時刻
  • 騒音・振動・粉じん等の防止方法
  • 工事関係車両の通行経路
  • その他必要な事項(石綿(アスベスト)含有建築材料の使用の有無 等)

 

標識の設置について

解体工事の発注者は、事前に工事の内容を表示した標識を、工事区域の外部から見やすい場所に設置しなければなりません。

条例では、標識の設置期間及び標識の内容について定めています。

 

設置期間

解体工事の規模によって設置期間が異なります。

(1)工事区域の面積が1,000平方メートル以上高さが10メートルを超える建築物を解体する場合は、工事開始の少なくとも30日前から工事の完了日まで

(2)(1)以外の解体工事の場合は、工事開始の少なくとも7日前から工事の完了日まで

 

標識の内容

標識の様式は条例で定められています。下記の事項を表示して下さい。手引きの記入例(14ページ)を参考に、記入漏れがないようにして下さい。

  • 工事の名称・場所
  • 工事の発注者・受注者の氏名・連絡先
  • 工事の予定期間
  • 工事に関する問い合わせ先

標識の記入例

図2 標識の記入例 

 

説明会実施結果の報告について

工事区域の面積が1,000平方メートル以上高さが10メートルを超える建築物解体工事の発注者は、説明会開催後、速やかに説明会の実施結果を市に報告しなければなりません。これ以外の解体工事の発注者は、速やかに住民説明の内容を市に報告するよう努めて下さい。

 

報告の内容

報告書の様式は条例で定められています。下記の事項について報告して下さい。手引きの記入例(15ページ)を参考に、記入漏れがないようにして下さい。

  • 工事の名称・場所
  • 説明会の開催年月日・開催場所
  • 説明者側の出席者名
  • 住民の出席者数
  • 説明範囲
  • 説明内容
  • 標識の設置年月日
  • 標識の設置場所

※報告書と併せて、説明会の出席者名簿や議事録等の添付書類が必要になります。詳しくは手引き12ページをご確認下さい。

 

報告方法

報告書は、解体工事の開始前までに環境保全課に提出するよう努めて下さい。提出部数は1部です。

 

勧告・公表について

解体工事の発注者が住民説明、標識の設置又は説明会実施結果の報告を行わないときは、市がこれらの行為を行うよう勧告する場合があります。また、正当な理由がなく、勧告に従わないときは、市がその旨を公表する場合があります。


様式について

標識等の様式は、届出様式・要領等でダウンロードすることができます。

 

〒564-8550  大阪府吹田市泉町1丁目3番40号   (高層棟1階)


Tel: 06-6384-1850

Fax: 06-6368-7350

mail:

【庶務】

 seikatuk@city.suita.osaka.jp

【大気汚染・化学物質】

 seikatuk-taiki@city.suita.osaka.jp

【騒音・振動・遺伝子組換え施設】

 seikatuk-souo@city.suita.osaka.jp

 

【水質汚濁】

 seikatuk-susi@city.suita.osaka.jp

【土壌汚染・地下水】

 seikatuk-sido@city.suita.osaka.jp

【水道法】

 seikatuk-suidou@city.suita.osaka.jp