3 ・ 吹田市旅館営業に対する規制に関する条例



(目 的)

 
1条 この条例は、旅館営業に対して必要な規制を加えることにより、本市の善良な風俗を保持することを目的とする。


(用語の定義)

 
2条 この条例において「旅館営業」とは、旅館業法(昭和23年法律第138号)第2条に規定するものをいう。


(同 意)

 
3条 市内において旅館営業を行おうとする者又は行っている者が、次の各号の一に該当する場合は、あらかじめ市長に同意を得なければならない。
(1)
旅館営業を目的として建造物を建築するとき。
(2)
既存の建造物を用いて旅館営業を行なうとき。
(3)
旅館営業を行っている者が、その業務内容を善良な風俗を害するものに変更うるとき。
 
4条 市長は、前条の規定に基づき、同意を求められたときは、その位置が次の各号の一に該当する場合には、同意しないものとする。ただし、市民生活において必要であるとき又は第1条に規定する目的に反しないときは、同意しなければならない。
(1)
住宅密集地
(2)
規則で定める教育、文化施設の附近
(3)
規則で定める児童福祉施設の附近
(4)
主として児童生徒等が学校へ通学する道路の附近
(5)
公園、児童遊園地の附近
(6)
風致地区の区域内
(7)
土地区画整理事業の施行地及び施行中の土地
(8)
万国博覧会会場であった附近
(9)
その他市長が必要と認める場所
 市長は、前項の場合においては、吹田市旅館営業審議会(以下「審議会」という。)に諮るものとする。


(審議会)

第5条 前条に規定する同意について審議させるため、審議会を置く。
2 審議会は、委員5人以内をもって組織する。
3 審議会に必要があるときは、臨時委員を置くことができる。


(中止命令)

 
6条 市長は、第4条に規定する同意を得ず建築又は営業しようとした者について、その建築又は営業に対し、中止命令その他防止のために必要な措置をとることができる。


(委 任)

第7条 この条例の施行について必要な事項は、市長が別に定める。


  附 則
(施行期日)
1 この条例は、公布の日から施行する。
(経過措置)

この条例の施行の日において、現に旅館営業を行っている者は、この条例による同意を受けたものとみなす。




〒564-8550  大阪府吹田市泉町1丁目3番40号   (高層棟1階)

Tel: 06-6384-1361

【中高層建築物】 06-6384-1793 

Fax: 06-6368-7350

mail: chiikika@city.suita.osaka.jp