中高層建築物の建築紛争で
より良い話し合いをするために

平成23年(2011年)4月
吹田市環境部地域環境課

    はじめに

 この冊子は、皆さんがお住まいの近隣で、中高層建築物の建築が計画されていることをお知りになったとき、どのような話し合いを進めたらよいのか、また建築主がどこまで要望を聞き入れてくれるのかなどで、お困りの住民の方に紛争解決に向けた方法をお知らせするパンフレットでありますので、どうかご活用いただきたいと存じます。

 吹田市では、中高層建築物の建築に際して建築主は、近隣の生活環境に十分配慮し、紛争を未然に防止するため関係住民に建築計画の周知を行うとともに、誠意をもって話し合いをするよう「吹田市環境の保全等に関する条例」や「中高層建築物の日照障害等の指導要領」に基づき行政指導に努めているところです。

 建築物を建築することにより生じる(建築)紛争は、本来、民事上の問題であり関係住民と建築主の当事者間で自主的に解決していただく事柄ですが、当事者間での解決が困難な場合には、行政が当事者間に入ることにより紛争調整を図り、地域社会における平穏な秩序の維持と生活環境の保持に資することを目的として「吹田市中高層建築物の建築に係る紛争の調整に関する条例」に基づいてあっせん・調停を行う制度を設け平成8年(1996年) 7月から実施しています。

目  次



参考資料