こども発達支援センターを拠点とした療育システムの充実について(案)


案件名

こども発達支援センターを拠点とした療育システムの充実について(案)

 政策等の案の題名

こども発達支援センターを拠点とした療育システムの充実について

政策等の案の趣旨と概要

 こども発達支援センターは、地域支援センター、杉の子学園、わかたけ園の3課一体の施設運営により、療育を必要とする児童とその保護者に対し、多職種によるチームアプローチでの支援を行っています。施設開設にあたり、本市では平成16年(2004年)12月に「(仮称)療育センター整備基本構想」を策定し、これを基本的な考え方として平成19年(2007年)11月に「こども支援交流センター」を整備しました。その後、平成24年(2012年)の児童福祉法の改正により「こども発達支援センター」に名称変更するとともに、同法に基づく児童発達支援センターの指定を受け、地域の療育支援の中核施設としての役割を果たしてきました。近年の療育を取り巻く社会情勢は、指定を受けた民間事業所の増加とともに大きく変化し、こども発達支援センターに求められる機能や役割も多様化しています。

 このような状況を鑑み、これからの療育支援のあり方として、昨年度に策定した「第1期障がい児福祉計画」を推進するとともに、これまでこども発達支援センターが中心となり積み重ねてきた療育機能を検証し、今日的な課題を解消するための新たな視点を盛り込みつつ、基本的な考え方として「こども発達支援センターを拠点とした療育支援システムの充実について」をまとめるものです。

意見募集案と関連資料

意見募集案  こども発達支援センターを拠点とした療育支援システムの充実について(案) (PDFファイル; 1204KB)


 上記の案と資料は、次の場所でも配布しています。

  1. 吹田市立こども発達支援センター 吹田市片山町2丁目11番40号(1階受付)
  2. 吹田市役所 低層棟2階 市民自治推進室 (219番窓口)横パブリックコメント専用ラック
意見提出者
  1. 市内に住む人、市内に通勤している人、又は市内に通学している人
  2. 市内に事業所を置いて事業活動などを行う個人又は団体
  3. 上記のほか、本案が定められることによって何らかの影響を受ける可能性がある個人又は団体
意見提出期間

 平成31年(2019年)1月4日(金曜日)~平成31年(2019年)2月4日(月曜日) 必着

 意見提出方法と提出先

郵送

 〒564-0882 吹田市片山町2丁目11番40号

 吹田市立 こども発達支援センター 庶務担当

ファックス

 06-6387-5734

 吹田市立 こども発達支援センター 庶務担当

電子メール

 ryoikuc@city.suita.osaka.jp

 吹田市立 こども発達支援センター 庶務担当

  ※件名に「パブリックコメント」と記入してください。

直接提出

 吹田立 こども発達支援センター 1階受付

 受付は、月曜日から金曜日まで(1月14日は除きます)の午前9時から午後5時30分までです。

 意見書の様式は自由です。必要に応じて、次の様式をご活用ください。

  1. 意見提出用紙 (MS-Wordファイル; 31KB)
  2. 意見提出用紙 (PDFファイル; 84KB)
注意事項
  1. ご意見をお寄せいただくに当たり、住所や氏名などの記載は必要ありません
  2. 意見書には、意見提出者の区分として、「住民」、「通勤者」、「通学者」、「事業その他の活動を行う者」、「利害関係者(具体的な利害関係もお書きください)」のいずれかを必ず明記してください。
  3. ご提出いただいた意見提出用紙は返却いたしませんので、あらかじめご了承ください。
  4. お電話やご来庁による口頭でのご意見はお受けできませんので、あらかじめご了承ください。
  5. 障がいのある方で、上記による意見提出が困難な場合は、個別にお問い合わせください。
  6. お寄せいただいたご意見に対する市の考え方を、平成31年(2019年)2月下旬頃に、ホームページ等で公表します。なお、個別には回答いたしませんので、あらかじめご了承ください。
 問い合わせ先

 児童部 こども発達支援センター  意見募集担当

 電話:06-6339-6105

こども発達支援センターを拠点とした療育システムの充実について(案)に対する意見募集結果について


案件名

こども発達支援センターを拠点とした療育システムの充実について(案)

 政策等の案の題名

こども発達支援センターを拠点とした療育システムの充実について

政策等の案の公表日 

平成31年(2019年)1月4日(金曜日)

政策等の案の趣旨と概要

こども発達支援センターは、地域支援センター、杉の子学園、わかたけ園の3課一体の施設運営により、療育を必要とする児童とその保護者に対し、多職種によるチームアプローチでの支援を行っています。施設開設にあたり、本市では平成16年(2004年)12月に「(仮称)療育センター整備基本構想」を策定し、これを基本的な考え方として平成19年(2007年)11月に「こども支援交流センター」を整備しました。その後、平成24年(2012年)の児童福祉法の改正により「こども発達支援センター」に名称変更するとともに、同法に基づく児童発達支援センターの指定を受け、地域の療育支援の中核施設としての役割を果たしてきました。近年の療育を取り巻く社会情勢は、指定を受けた民間事業所の増加とともに大きく変化し、こども発達支援センターに求められる機能や役割も多様化しています。

このような状況を鑑み、これからの療育支援のあり方として、昨年度に策定した「第1期障がい児福祉計画」を推進するとともに、これまでこども発達支援センターが中心となり積み重ねてきた療育機能を検証し、今日的な課題を解消するための新たな視点を盛り込みつつ、基本的な考え方として「こども発達支援センターを拠点とした療育支援システムの充実について」をまとめるものです。

意見募集案と関連資料

意見募集案  こども発達支援センターを拠点とした療育支援システムの充実について (PDFファイル; 1204KB)
意見提出者
  1. 市内に住む人、市内に通勤している人、又は市内に通学している人
  2. 市内に事業所を置いて事業活動などを行う個人又は団体
  3. 上記のほか、本案が定められることによって何らかの影響を受ける可能性がある個人又は団体
意見提出期間

平成31年(2019年)1月4日(金曜日)~平成31年(2019年)2月4日(月曜日) 

 意見提出方法

郵送、ファックス、電子メール、直接提出  

 意見提出件数

 44件(3通)

  結果の公表日 

平成31年(2019年)4月26日(金曜日)

 結果の概要

 上記期間中に市民の皆さまのご意見を募集しました。貴重なご意見をいただき、誠にありがとうございました。お寄せいただいたご意見と市の考え方を次のとおり公表します。

また、意見提出手続の結果を踏まえ、次のとおり定めました。

提出意見及び市の考え方 (PDFファイル; 268KB)

2 こども発達支援センターを拠点とした療育支援システムの充実について (PDFファイル; 1375KB)

 問い合わせ先

 児童部 こども発達支援センター意見募集担当

 電話:06-6339-6105


〒564-0082  大阪府吹田市片山町2丁目11番40号

地域支援センター

【Tel】

(2階相談・教室・訓練等) 06-6339-6103

(1階受給者証) 06-6339-6104

(1階庶務) 06-6339-6105

【業務時間】 午前9時~午後5時30分

【休日】日曜日、祝・休日、年末年始



【Fax】 06-6387-5734

【mail】ryoikuc@city.suita.osaka.jp

杉の子学園

【Tel】 06-6387-5667

【業務時間】 午前9時~午後5時30分

【休日】土・日曜日、祝・休日、年末年始


【Fax】 06-6387-5734

【mail】 suginoko@city.suita.osaka.jp

わかたけ園

【Tel】 06-6388-0030 

【業務時間】 午前9時~午後5時30分

【休日】 土・日曜日、祝・休日、年末年始


【Fax】 06-6387-5734

【mail】 wakatake@city.suita.osaka.jp