子ども医療費助成制度


お知らせ

平成30年4月1日から、子ども医療費助成制度の小中学生に係る所得制限を撤廃しました。

詳しくはこちらから



平成30年4月1日以降、入院時食事療養費標準負担額(1食460円)は全て自己負担となります。

住民税非課税世帯の方は「限度額適用・標準負担額減額認定証」の交付を受けると、

1食210円に軽減されますので、ご加入の保険機関で認定を受けてください。

(参考)吹田市国民健康保険「限度額適用・標準負担限度額認定証」


 


1 対象者

2 子ども医療証交付申請の受付

3 助成の内容

4 子ども医療証の使い方(助成の方法)

5 こんなときには届出が必要です

6 子ども医療証を紛失等したとき




1 対象者


吹田市に住所を有し健康保険の資格のある中学校修了前の児童

対象者とならない場合

  • 生活保護世帯の方
  • ひとり親家庭医療証をお持ちの方
  • 重度障がい者(児)医療証をお持ちの方

 

対象となる児童に7月1日から翌年の6月30日を1年度として、該当年度の「子ども医療証」を交付します。

年度更新の手続きは不要です。

(中学校3年生の場合は3月31日まで)



 

2 子ども医療証交付申請の受付

 

子ども医療証交付申請に必要なもの

   郵送の場合は保険証のコピー(表面のみ)を添付してください。

  

申請時に児童の保険証がお手元にない場合は、先に申請書だけ提出していただき、後日保険証のコピーを提出して

 いただくことも可能です。

  • 保護者のマイナンバー(個人番号)カード又は通知カード 

  郵送の場合は申請書にご記入ください。コピーの添付は不要です。

  • 児童の被保険者の前年中の「課税(所得)証明書※」 (申請日が1月から6月の場合は前々年中の内容の証明書)

 又は「同意書」(マイナンバー制度による情報連携にて地方税関係情報を照会することに同意する場合)


 ※所得・税額・所得控除の内訳が記載されたものが必要です。

  本市の課税対象になっている場合は「課税(所得)証明書」又は「同意書」

  の提出の必要はありません。本市の課税対象になっていない場合は、

    「課税(所得)証明書」又は「同意書」の提出が必要です。


  • その他 (申立書が必要な場合があります)

 

出生日(転入日等)から3か月以内に申請してください。3か月を過ぎてから申請をされた場合

申請月の1日からの資格となりますので、早めに申請手続きを行ってください。
受付(郵送到着)後、1週間程度で子ども医療証を郵送で送付します。

 


窓口又は郵送で受付しています。

窓口申請 

吹田市役所(本庁) 子育て給付課  低層棟2階218番窓口
受付時間 : 午前9時~午後5時30分(土・日曜日、祝・休日と12月29日~1月3日を除く)

郵送申請

 <送付先>

〒564-8550 吹田市役所 子育て給付課

 
市役所本庁宛の郵便物は郵便番号「564-8550」と「吹田市役所・室課名」を記入すれば、住所は省略できます。
(特定記録郵便・簡易書留など、経過が分かる方法で郵送されることをお勧めいたします。郵送事故について、吹田市は一切責任を負いません。)

出張所・ファックスでは受付できません。




3 助成の内容


1  医療機関で受診された時の保険診療の自己負担額(2割又は3割額)と訪問看護ステーションが行う訪問看護の療養費から

  一部自己負担額(500円)を差し引いた額

2  院外処方の薬代

3  健康保険の適用が認められた後の補装具・弱視治療用眼鏡の自己負担分(2割又は3割額)

4  未熟児養育医療・育成医療などにかかる自己負担額から一部自己負担額を差し引いた額


   

   ※助成の対象とならないもの

   ・薬のビン代・入院時の差額ベッド代・健康診断料・予防接種料・各種文書料等・特定療養費

 ・往診時の車代・入院時食事療養費標準負担額・精神病床入院料・その他保険適用外のもの




 

4 子ども医療証の使い方(助成の方法)


通常の使い方

大阪府内で受診される場合は医療機関等に健康保険証と子ども医療証を提示してください。

一部自己負担額は医療機関等の窓口でお支払いください。


子ども医療費支給申請

大阪府外や子ども医療証を受け取るまでに受診された場合や、未熟児養育医療・育成医療の自己負担があった場合は精算を済まされた後、子育て給付課に請求してください。

持参された領収書によっては一部自己負担額等の関係で対象にならない場合もあります。


「子ども医療費支給申請」に必要なもの

大阪府外で受診された場合、1人につき1か月あたり2500円を超えた場合、子ども医療証を提示しなかった場合

  • 領収書の原本(支払日から5年以内のもの)
  • 印鑑(スタンプ印以外)
  • 子ども医療証
  • 健康保険証
  • 申請者(被保険者)名義の振込先

補装具の場合

※先に、ご加入の健康保険組合に、保険負担分を給付してもらう手続きをしてください。

その際、あらかじめ、領収書、医師の意見書、装着証明書のコピーをとっておいてください。

  • 領収書

  • 医師の意見書(5年以内のもの)
  • 装着証明書
  • 印鑑(スタンプ印以外)
  • 子ども医療証
  • 健康保険証
  • 申請者(被保険者)名義の振込先
  • 保険組合からの返金通知書

弱視治療用眼鏡の場合

※先に、ご加入の健康保険組合に、保険負担分を給付してもらう手続きをしてください。

その際、あらかじめ、領収書、医師の治療用眼鏡作成指示書のコピーをとっておいてください。

  • 領収書
  • 医師の治療用眼鏡作成指示書(5年以内のもの)

  • 印鑑(スタンプ印以外)
  • 子ども医療証
  • 健康保険証
  • 申請者(被保険者)名義の振込先
  • 保険組合からの返金通知書

保険証を提示せず、10割自己負担した場合

※先に、ご加入の健康保険組合に、保険負担分を給付してもらう手続きをしてください。

その際、あらかじめ、領収書のコピーをとっておいてください。

  • 領収書(支払日から5年以内のもの)
  • 印鑑(スタンプ印以外)
  • 子ども医療証
  • 健康保険証
  • 申請者(被保険者)名義の振込先
  • 保険組合からの返金通知書


上記のものを持参し、子育て給付課窓口で手続きをしてください。

ご来庁が難しい場合は、一度子育て給付課までご相談ください。

5 こんなときには届出が必要です


  • 吹田市内で住所が変わったときは住所変更届(資格変更届)を提出してください。
  • 健康保険証の番号等が変わったとき(転職・退職など)は資格変更届を提出してください。
  • 吹田市から転出するときは資格喪失となりますので、資格喪失届を提出してください。
→申請書はこちらからダウンロードできます。
 

注意していただきたいこと

資格喪失後に医療証を使用された場合、その医療費(自己負担相当額)を吹田市に返還していただくことになります。また医療機関等では「受給者番号」が登録されていることがありますので、かかりつけの病院等で受診されるときは転出などで資格がなくなったことを申し出てください。

 



6 子ども医療証を紛失等したとき


子ども医療証を紛失等した場合は、再交付を受けてください。

→申請書はこちらからダウンロードできます。




予防接種・乳幼児健診などのことは保健センター(06-6339-1212)にお問い合わせください。

 

平成25年8月31日までの小学生の入院医療費助成制度(旧制度)については、こちらをご参照ください。

平成30年3月31日までの小・中学生にかかる所得制限限度額については、こちらをご参照ください。

〒564-8550  大阪府吹田市泉町1丁目3番40号   (低層棟2階)

Tel: 

 06-6384-1470【手当、医療費助成】

 06-6384-1471【ひとり親家庭相談】


Fax: 06-6368-7349

mail: ko_teate@city.suita.osaka.jp