社会保障・税番号(マイナンバー)制度

マイナンバー制度について

 

 社会保障や税制度の効率性、透明性を高めるために国が進める「社会保障・税番号(マイナンバー)制度」についてお知らせします。

 

社会保障・税番号(マイナンバー)制度

 

マイナンバー制度の動画

    マイナンバー制度の動画 個人向け編   マイナンバー制度の動画 事業者向け編

    個人向け編(14分33秒)     事業者向け編(20分54秒)

 

特定個人情報保護評価

特定個人情報の適正な取扱い(事業者向け)

独自利用事務について

 

 

マイナンバー制度をかたった不審な電話等にご注意ください

 「行政機関を名乗り、口座番号を取得しようとする不審な電話」、「行政機関の職員を名乗り、資産などの情報を聞き出そうとする者の訪問」など、マイナンバー制度に便乗した不正な勧誘や個人情報の取得を行おうとする電話、メール、手紙、訪問などが各地で発生していますので、ご注意ください。

 消費者庁のホームページ(http://www.caa.go.jp/adjustments/index_25.html)に、これまでの主な相談事例や相談窓口等について掲載されています。

 

 

平成28年1月からの市役所での手続きについて

 社会保障・税分野の一部の手続きでマイナンバーの記入が必要になり、本人確認の方法が変わります。

 

マイナンバーの記入が必要になる手続き

社会保障分野

  国民健康保険、後期高齢者医療、介護保険、生活保護、障がい者手帳の交付、特別児童扶養手当、児童扶養手当、ひとり親家庭医療費助成、児童手当、子ども医療費助成、母子保健関係、その他福祉の給付 など

 

税分野

  市税(市民税、固定資産税など)

 

 

本人確認方法 

  マイナンバーの記入が必要な手続きでは、他人によるなりすましを防ぐため、正しいマイナンバーであることを確認する「番号確認」と、本人であることを確認する「身元(実存)確認」を行います。その際は、下記の書類を窓口に持参してください。

 

  ※郵送での申請の場合は書類のコピーを添付していただく必要があります。

  ※本人の代理人が申請などを行う場合は、代理権の確認(委任状)と代理人の身元確認書類、本人の番号確認書類が必要です。

 

個人番号カードを持っている場合

  個人番号カードのみお持ちください。

  「番号確認(うら面)」と「身元確認(おもて面)」を同時に行うことができます。

 

  kojinbangokado omote.png  kojinbangokado ura.png

        【おもて面】                 【うら面】

 

 

個人番号カードを持っていない場合

  「番号確認」と「身元確認」の書類がそれぞれ必要です。

 

番号確認書類

  「通知カード」をお持ちください。 ※マイナンバー入りの住民票の写しでも番号確認ができます。

 

 tutikado omote.png

 

身元確認書類

  以下の書類をお持ちください。

 

   顔写真付の本人確認書類  1つ

    運転免許証、運転経歴証明書、旅券(パスポート)、身体障がい者手帳、精神障がい者保健福祉手帳、療育手帳、在留カード、特別永住者証明書など

 

   顔写真付の本人確認書類がない場合は、以下の書類  2つ   

    公的医療保険の被保険者証、年金手帳、児童扶養手当証書、特別児童扶養手当証書など 

 

 

〒564-8550  大阪府吹田市泉町1丁目3番40号   (高層棟9階)

Tel:

【情報化推進担当】

06-6384-1443

【アプリケーション担当】

06-6384-1438

【インフラ担当】 

06-6384-1433

Fax: 06-6384-3234

mail: den_joka@city.suita.osaka.jp