平成30年度(2018年度)の取組

中核市移行についての意見交換会を開催しました。

 平成30年(2018年)6月24日(日)10時から11時30分まで「中核市移行についての意見交換会」を開催しました。会場の市役所研修室には、30名の方にお越しいただきました。

 まず、市長から挨拶を行った後、中核市移行準備室と保健所設置準備室の担当者より本市の中核市移行について、スライドを用いて説明を行いました。

 次に、近畿大学総合社会学部の久教授による進行のもと、全体の質疑応答とテーブルごとのグループワーク(意見交換)を実施しました。

 各テーブルでは、前回の意見交換会と同様に、それぞれ活発な意見交換と職員との質疑応答がありました。また、市長もいくつかのテーブルに入り、直接、市民の意見に耳を傾けられました。参加者からは保健所の内容や財政負担などについて、ご意見がありました。

 

   図2

 

 

まちづくり吹田学塾「入門講座」で説明しました。

 都市魅力部文化スポーツ推進室が実施する市民共同学習センター事業は、毎年市民向けに行政の仕組みや市勢全般について学習するもので、まちづくり吹田学塾「入門講座」として開催しています。

 平成30年(2018年)6月23日(土)には、市勢全般の講義の一つとして、本市の中核市移行について説明し、8名の方と意見交換を行いました。

 
  IMG_5912
 

 

出前講座を実施しました。

 平成30年(2018年)6月16日(土)、さんくすホールにおいて出前講座を実施し、25名の方と意見交換を行いました。

 出前講座は、市内に在住・在勤・在学の10人以上で構成された団体・学習活動グループに対し、職員が皆さんのもとへ出向いて説明を行うものです。詳しくは、出前講座のページをご覧ください。
  出前講座の画像_s

 

中核市移行についての意見交換会を開催しました。

 平成30年(2018年)6月11日(月)19時30分から21時まで「中核市移行についての意見交換会」を開催しました。会場の千里市民センター大ホールには、あいにくの雨にも関わらず、26名の方にお越しいただきました。

 意見交換会では、まず、中核市移行準備室と保健所設置準備室の担当者より本市の中核市移行について、スライドを用いて説明を行った後、市長から挨拶を行いました。

 次に、近畿大学総合社会学部の久教授による進行のもと、テーブルごとのグループワーク(意見交換)を実施しました。

 各テーブルでは、それぞれ活発な意見交換と職員との質疑応答がありました。また、市長もいくつかのテーブルに入り、直接、市民の意見に耳を傾けられました。参加者からは「多額の財政負担が吹田市にとって大きな課題」、「本計画を一般市民が十分に理解できるように、さらに分かりやすい説明に努めて下さい」といったご意見もありました。

 

   図2

 

 

中核市移行についてのリーフレットを配布しました。

 市報6月号と一緒に、中核市移行についてのリーフレットを各ご家庭に配布しました。また、市役所に設置していますデジタルサイネージにおきまして、リーフレットの表紙とパブリックコメントのお知らせを掲示しています。

 
 IMG_5831


 

 

第3回(府・市)中核市移行会議が開催されました。

 平成30年(2018年)5月28日、大阪府と吹田市の担当職員による第3回中核市移行会議が大阪府庁にて開催されました。

 会議では、市から「吹田市中核市移行基本計画(案)」について報告するとともに、大阪府から今後のスケジュール等について説明を受けました。引き続き、大阪府と連携を図っていきます。

 

 IMG_4652a.jpg

 

 

 

職員採用試験説明会にて中核市移行について説明を行いました。

 平成30年(2018年)5月26日、メイシアターにて開催された平成30年度職員採用試験説明会におきまして、中核市移行準備室のブースを設置しました。ブースでは、中核市移行についてのリーフレットと6月に開催する意見交換会のチラシを配布し、担当者よりこれまでの本市の取組内容や今後のスケジュール等について説明しました。また、中核市移行準備室のブースに集まった多くの参加者からの質問に、一つ一つお答えしました。

 
 DSC06213


 

 

第7回吹田市保健所業務移管検討ワーキング会議が開催されました。

 平成30年(2018年)5月22日、大阪府庁にて第7回吹田市保健所業務移管検討ワーキング会議が開催され、市からは保健所設置準備室、中核市移行準備室の職員が出席しました。
 会議では、今年度に予定している厚生労働省への提出資料の作成スケジュール等について説明を受けました。
 
 吹田保健所写真

 

上記の写真は、吹田市出口町にある大阪府吹田保健所が入っている建物の外観です。


 

 

 

吹田市中核市移行基本計画(案)に対する意見を募集しています。

 平成30年(2018年)5月15日~6月26日の期間で吹田市中核市移行基本計画(案)に対する意見を募集しています。計画(案)と意見提出用紙は、吹田市役所 高層棟5階 中核市移行準備室 (504番窓口)、吹田市役所 低層棟2階市民自治推進室 (219番窓口)横パブリックコメント専用ラック、山田出張所、千里丘出張所、千里出張所に設置しています。意見の提出方法など詳しくはこちらをご覧ください。

 市民の皆さんからの御意見を参考にしながら、計画策定を進めていきます。


 (※後日追記)意見募集期間を、7月3日まで延長しました。

 
 サイネージ用


 

 

吹田市中核市移行基本計画(案)を策定しました。

 平成30年(2018年)5月2日に第4回中核市移行推進本部会議を開催し、吹田市中核市移行基本計画(案)を策定しました。

 策定に当たっては、第4回文教部会、第7回福祉・児童部会、第6回保健衛生・保健所設置検討部会、第6回環境・都市計画部会の4部会をそれぞれ開催した上で、前回の本部会議で確認した計画(素案)について再度検討し、修正を重ねました。

 計画(案)につきましては、こちらで公開しています。

 
 IMG_5828


 

 

 

平成30年度第1回全国施行時特例市市長会事務担当者会議及び平成30年度第1回中核市に関する研究会ワーキンググループ会議に出席しました。

 平成30年(2018年)4月27日、神奈川県茅ケ崎市で開催されました「平成30年度第1回全国施行時特例市市長会事務担当者会議」及び「平成30年度第1回中核市に関する研究会ワーキンググループ会議」に中核市移行準備室職員が出席しました。

 会議では全国から集まった(注)施行時特例市の担当者が、中核市移行に関する検討状況について意見交換・情報共有を行いました。

 

 ワーキング

 

全国施行時特例市市長会公式ホームページはこちら


(注)特例市制度は平成27年4月1日に廃止となりましたが、その際に現に特例市であった市は、施行時特例市として引き続き特例市としての事務を処理することができます。吹田市は現在、施行時特例市です。

 

 

 

平成30年度第1回中核市市長会事務担当者会議に中核市候補市として出席しました。

 平成30年(2018年)4月20日、東京都で開催されました「平成30年度第1回全国中核市市長会事務担当者会議」に中核市候補市として本市の中核市移行準備室職員が出席しました。

 中核市市長会には、平成18年(2006年)10月から中核市候補市として参加していますが、中核市移行と同時に正式加入し、各種会議やプロジェクト、中核市サミット等の活動を通して全国の中核市と連携を強化し、市政の円滑な運営と更なる発展を図ります。

 

 S0851119

 

全国中核市市長会公式ホームページはこちら

 

 

 

新規採用職員向けに研修を行いました。

 平成30年(2018年)4月3日、新規採用職員に対し「中核市移行について」の研修を行いました。

 中核市移行準備室の職員が講師として、本市が平成32年度(2020年度)の中核市移行を目指していることや、近隣市の状況、また中核市移行によってどのような効果があるかということを伝えました。



 IMG_5802

 

 

 

第3回中核市移行推進本部会議を開催しました。

 平成30年(2018年)4月2日に第3回中核市移行推進本部会議を開催しました。

 今回は、本市の中核市移行について、昨年度までの検討結果をとりまとめた「吹田市中核市移行基本計画(素案)」について、確認しました。今後、更に内容の精査を行い、5月に「吹田市中核市移行基本計画(案)」を策定し、市民の皆様に公表するとともに、御意見をお伺いしたいと考えています。

 
 IMG_5797


 

 

 

市報すいた「平成30年4月号」に中核市移行準備に関する記事を掲載しました。

 市報すいた平成30年4月号のP10で、「平成32年度「中核市」移行に向けて」と題した記事を掲載しています。
 詳しくは、こちらをご覧ください。
 

 

 

〒564-8550  大阪府吹田市泉町1丁目3番40号   (高層棟5階)

Tel: 06-6155-5782

Fax: 06-6368-7343

mail : chukakushi@city.suita.osaka.jp