校区外通学(指定校変更・区域外就学)について

 

吹田市教育委員会では、市立の小・中学校ごとに学校区を定め、お住まいの住所に基づいて学校を指定し、そこに就学していただいております。(「指定校」への就学)

ただし、保護者の申し立てにより、本来の「指定校」以外の学校への就学を認める場合があります。

 

「指定校」以外の学校への就学には、吹田市立の別の学校への就学(指定校の変更)と、他の市町村内の住所地から吹田市立の学校への就学(区域外就学)の、2種類があります。

 

なお、本来の「指定校」以外の学校への就学は、まず以下の条件を満たすことが前提となります。

1.

 

児童・生徒にとって、学校区の外からの通学が大きな負担とならないこと。

 

2.

通学方法は、徒歩または電車・バス等の公共交通機関の利用、保護者の自家用車での送迎によること。
(自転車による通学、保護者が自転車に2人乗りさせての送迎は、原則として認められません)

 

3. 通学に要する時間が、片道1時間以内であること。
4.

 

通学する先の学校長が、学校区の外からの通学を内諾していること。

 

5.  通学途上の安全については、保護者が責任を持つこと。 


その上で、届出をしていただける状況については、以下のとおりです。

届出の内容
許可の範囲
添付書類
引越し等による住居移転で校区が変わったが、引き続き現在の在籍校に就学させたい。

(1)小学校

ア.1年生から4年生までは異動日から学年末まで許可

イ.5年生以降(4年生の3学期の終業式以降)は卒業まで許可

(2)中学校

ア.1年生は、異動日から学年末まで許可

イ.2年生以降(1年生の3学期の終業式以降)は卒業まで許可

1.転(出)学通知書
2.印鑑
融資等の事情で、住民票のみ校区の外に移したが、実際に居住している居宅は校区内にあるので、引続き就学したい。 実際の転居まで許可

1.転(出)学通知書

2.印鑑

居住している住居の建替え等で一時的に校区外に仮住まいするが、工事完了後に戻り再入居する予定なので、仮住まいの期間中も引き続き現在の在籍校に就学させたい。
ア.一般家屋の建替えについては、工事期間の範囲内で許可
1.工事期間の証明できるもの
(工事の請負契約書等)
2.仮住まい先の住所を証明できるもの
(賃貸契約書、売買契約書または民生委員の証明等)
3.印鑑

同上

イ.マンション等の大規模集合住宅の建替えについては、仮住まい開始日から再入居可能日まで許可 1.建替え後の再入居や工事期間を証明できるもの
(工事の請負契約書等)
2.仮住まい先の住所を証明できるもの
(賃貸契約書、売買契約書または民生委員の証明等)
3.印鑑
引越し先住居は決定済だが、工事等が未了で入居が始業式等の時期に間に合わないので、あらかじめ引越し先校区の学校に就学させたい。

転入・転居予定先の学校への就学を許可

 

(概ね半年以内とし、最大で当該学年末まで許可)

1.転入先住所と入居予定日を証明できるもの

(賃貸契約書、売買契約書または民生委員の証明等)
2.印鑑

保護者の就業等の事情で留守家庭となるので、保護者が他校区で経営する店舗等で放課後養育し、そこの校区の学校へ就学させたい。

小・中学生ともに、必要な期間を許可

 

(ただし、学年が変わるごとに更新の手続きが必要)

1.店舗を経営していること及び店舗の住所を証明できるもの
(営業許可書等)
2.印鑑
保護者の就業等の事情で留守家庭となるので、吹田市内の親戚、縁者に放課後託児し、そこの校区の学校へ就学させたい。

小・中学生ともに、必要な期間を許可

 

(ただし、学年が変わるごとに更新の手続きが必要)

1.保護者の就業中に祖父母等が児童生徒を預かることを誓約できるもの
(経由誓約書)
2.印鑑

保護者の疾病等の事情により養育できないため、児童生徒を他校区に居住する親戚、縁者に預けるが、教育的配慮により引き続き現在の在籍校に就学したい。

あらかじめ現在の在籍校の学校長に十分にご相談いただいた上で、小・中学生ともに、必要な期間を許可する場合があります

 

(ただし、学年が変わるごとに更新の手続きが必要)

1.診断書
2.預かり者の住所を証明できるもの
(住民票、保険証、民生委員の証明等)
3.居住証明書
4.印鑑

児童生徒ないし保護者等に心身の特別な事情(いじめや身体的な理由等)があって、現在の在籍校では解決できなかったので、教育的配慮により、他校区の学校に就学したい

あらかじめ現在の在籍校の学校長に十分にご相談いただいた上で、小・中学生ともに、必要な期間を許可する場合があります

 

(ただし、学年が変わるごとに更新の手続きが必要)

1.保護者の申立書
2.学校長の意見書等教育的配慮を必要とする事由を証明できるもの
3.印鑑

兄姉が就学している学校と異なる学校が就学指定校であるが、兄姉と同じ学校に就学したい

兄姉が卒業するまでの期間、兄姉と同じ学校への就学を許可

1.印鑑

〒564-8550  大阪府吹田市泉町1丁目3番40号   (低層棟3階)

Tel: 

【就学】 06-6384-2457

【援助金・学習支援金】 06-6384-2458

Fax: 06-6368-9908

mail: gakumu@city.suita.osaka.jp