老人医療(一部負担金相当額等一部助成)制度

65歳以上の人で、下記の条件に該当する人には、老人医療(一部負担金相当額等一部助成)制度があります。

「老人医療(一部負担金相当額等一部助成)医療証」を交付しますので、申請してください。

資格取得は、申請日からになります。(平成30年(2018年)3月31日まで)

※ 訪問看護ステーションからの訪問看護療養費などは対象になりません。(平成30年(2018年)3月31日まで)

 

○大阪府福祉医療再構築により、平成30年(2018年)4月1日より老人医療(一部負担金相当額等一部助成)制度は、重度障がい者医療と整理、統合されます。

再構築により対象外となる方には、経過措置期間を3年(平成33年(2021年)3月末まで)設定しております。

平成30年(2018年)4月1日以降は、平成30年(2018年)3月31日時点で大阪府内で老人医療(一部負担金相当額等一部助成)制度の助成を受けられている方のみ対象となります。

 

対象となる方

A 65歳以上で、次の要件のいずれかに該当する方(平成30年(2018年)3月31日まで)

要件

所得基準額

(扶養人数により変わります)

申請に必要なもの

平成30年

(2018年)4月以降

1級又は2級の身体障がい者手帳のある方

本人所得462万1千円以下

(扶養なし)

身体障がい者手帳 重度障がい者医療費助成制度へ

知的障がい重度(A)

または知的障がい中度(B1)でかつ身体障がい者手帳のある方

療育手帳(身体障がい者手帳)

「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律」に基づく自立支援医療(精神通院)を受けている方※1 ※2

本人所得224万円以下

(扶養なし)

自立支援医療受給者証の写し

(精神通院)


対象外


平成30年(2018年)3月31日時点で助成対象者の方は、平成33年(2021年)3月31日までの3年間の経過措置あり



「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」に基づく結核に係る医療を受けている方※2 患者票の写し
平成26年4月1日における特定疾患治療研究事業実施要綱に規定する疾患のうち、「難病の患者に対する医療等に関する法律」による指定難病の疾患のある方※2

特定医療費(指定難病)受給者証

※3

ひとり親家庭医療費助成制度に該当する方

本人所得238万未満

(扶養1人の場合)※4

ひとり親家庭医療証 ひとり親家庭医療へ


所得基準額は、雑損・医療費・社会保険料等の控除後の額、譲渡所得がある場合は、特別控除前の額。



B 65歳以上で、次の要件のいずれかに該当する方(平成30年(2018年)3月31日まで)

 要件

 所得基準額

 申請に必要なもの

平成30年

(2018年)4月以降

3級又は4級の身体障がい者手帳のある方

 住民税非課税世帯

身体障がい者手帳


対象外


平成30年(2018年)3月31日時点で助成対象者の方は、平成33年(2021年)3月31日までの3年間の経過措置あり


知的障がい中度(B1)の方 療育手帳(身体障がい者手帳)

 

※1   自立支援医療受給者証の有効期限内であっても、精神科等への入院で精神通院治療が適用されない期間は対象となりません。

医療証を速やかに返還し、退院後に再度手続きが必要になります。

※2   自立支援医療受給者証・患者票・特定医療費(指定難病)受給者証により医療証の交付を受けている方は、受給者証・患者票

の有効期限までに継続手続きが必要です。

※3  軽快している等で特定医療費(指定難病)受給者証の認定を受けていない場合は、3か月以内の診断書等を御持参ください。

※4  養育者の要件により所得基準が異なるため、対象外となる場合があります。


内容

 平成30年(2018年)3月31日まで

  • 1医療機関での窓口負担が1日500円を上限額に月2回まで(入院・外来ごと、医科・歯科ごと)。
  • (院外処方)薬局での窓口負担は無料。
  • 1か月の自己負担上限額は2,500円。


 平成30年(2018年)4月1日から

  • 1医療機関での窓口負担が1日500円以内。回数上限なし(入院・外来ごと、医科・歯科ごと)。
  • (院外処方)薬局での窓口負担は、1調剤薬局当たり1日500円以内。
  • 1か月の自己負担上限額は3,000円。

※ 訪問看護ステーションが行う訪問看護(医療保険分)も対象となります。

※ 精神病床への入院は、対象外になります。

(平成30年(2018年)3月31日時点での上記要件のうち自立支援医療(精神通院)を受けている方以外の助成対象者は、

経過措置として平成33年(2021年)3月31日まで引き続き助成対象となります。)


府外診療ややむを得ず医療証が提示できなかった等の理由で医療証が適用されなかった場合、または1か月の医療費が自己負担上限額を超えた場合は、申請により差額を支給しますので申請してください。

支給申請に必要なもの

  • 患者名、保険診療点数などが記入してある領収書の原本(外来のときは診療日ごとに必要)
  • 健康保険証、医療証
  • 印かん(シャチハタ不可)
  • 振込先がわかるもの
  • その他(医療費支給決定通知など)

〒564-8550  大阪府吹田市泉町1丁目3番40号   (低層棟1階)

Tel:

【給付(障がい者手帳交付・手当等)】 06-6384-1347

【給付(障がい者医療・老人医療)】 06-6170-4816

【介護給付費等支給決定】  06-6384-1348

【基幹相談】 06-6384-1349

【庶務・支払】 06-6384-1346

Fax: 06-6385-1031

mail: shofuku@city.suita.osaka.jp