身体障がい者手帳の交付

身体障がい者手帳の交付/障がいのある人のために

身体障がい者手帳の交付について、ご案内します

   身体障がい者手帳は、身体に障がいのある方が、障がいの種別と程度に応じた福祉サービスを利用するために必要な手帳です。
   交付の対象となるのは、視覚障がい、聴覚や平衡機能の障がい、音声・言語機能やそしゃく機能の障がい、肢体不自由、そして、心臓、腎臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸、HIV感染による免疫の機能、肝臓の機能に障がいがある方です。
   また、障がいの程度により、1級から6級までの区分があります。

 

【申請窓口】

   障がい福祉室

   内本町地域保健福祉センター

   亥の子谷地域保健福祉センター

   千里ニュータウン地域保健福祉センター

 

【手続きの流れ】

  1. 窓口で所定の診断書用紙を受け取る
  2. 指定医師の診断を受ける
  3. 窓口で申請手続きをする
  4. 障がい福祉室で審査後、手帳を交付

       (申請後、通常、手帳交付まで約1か月かかります。場合によっては、

       約2~3か月かかる時があります。)

 

【申請手続きに必要なもの】

  いずれの手続きの場合も、個人番号(マイナンバー)カード、又は、番号確認書類と身元確認書類が必要になります。

  代理の方が手続きされる場合は、代理権の確認及び代理人の身元確認書類が必要です。

  

●新規交付

  • 指定医師の診断書(日付が診断日から3か月以内のもの)
  • 写真(たて4cm・よこ3cm、脱帽)
  • 印かん
  • 健康保険証(65歳以上の方のみ) ※1
  • 診断書作成費用の領収書  ※2
  • 対象者本人の銀行口座がわかるもの  ※2

 

 ※1 65歳以上の方は、高齢者の医療費助成制度の対象となる場合があります。

 ※2  非課税世帯の方(生活保護世帯を除く)についてのみ

        身体障がい者手帳の診断料を口座振替により返金いたします。

 

●再交付

   障がいの程度が変わったり他の障がいが加わった場合は、新規交付と同じ手続きをしてください。申請時には身体障がい者手帳をお持ちください。

   また、手帳を紛失・破損した場合は、印かんと写真(たて4cm・よこ3cm、脱帽)を持参のうえ再交付申請手続きをしてください。

 

●住所・氏名の変更
   住所・氏名に変更があった場合は、手帳と印かんを持参のうえ届出をしてください。

 

●返還
   本人が死亡されたり、障がいの程度が変わり、法に定める障がいに該当しなくなった場合は、手帳を障がい福祉室までお返しください。

 

●その他
   手帳は、他人に渡したり、貸したりすることはできません。

   手帳ができましたら、通知書が郵送で届きますので、通知書、印かん等必要なものを持って障がい福祉室へお越しください。


〒564-8550  大阪府吹田市泉町1丁目3番40号   (低層棟1階)

Tel:

【給付】 06-6384-1347

【介護給付費等支給決定】

  06-6384-1348

【基幹相談】 06-6384-1349

【庶務・支払】 06-6384-1346

Fax: 06-6385-1031

mail: shofuku@city.suita.osaka.jp