緊急通報システム

 

緊急通報システムについて、ご案内します

 

緊急通報装置を設置することにより、高齢者の方が、病気などで緊急に通報が必要な時に、装置の非常ボタンあるいは、携帯用の非常ボタンを押すだけで、市が委託する業者の緊急通報受信センターへ自動的に通報できます。その際、委託業者の緊急通報受信センターのテレビ画面に利用者の情報が出るとともに、本体のスピーカーを通じて、委託業者の従事者と通話ができるようになります。
通報の後、必要に応じて救急車や消防車が出動し、併せて委託業者の緊急要員も出動します。あらかじめ登録された近所の協力員に連絡して、様子などを見に行ってもらう場合もあります。また、年1回、緊急通報装置の動作確認と携帯用装置の電池交換を委託業者が行います。
対象となるのは、おおむね65歳以上で、ひとり暮らしの高齢者、又は、寝たきりなどで体の不自由な方がいる高齢者のみの世帯、家族が仕事などで、長時間、高齢者だけになり不安がある方です。
装置を設置するには、生計中心者の所得税額に応じて、費用の負担が必要となります。

詳しい費用については「日常生活用具の給付など」かチラシをご覧ください。

高齢福祉室 支援グループ

(基幹型地域包括支援センター)

〒564-8550  大阪府吹田市泉町1丁目3番40号   (低層棟1階、仮設棟1階)

Tel:

【介護予防・庶務・認知症施策・医療介護連携等】 

06-6384-1375

【権利擁護・吹田市高齢者安心・自信サポート事業・在宅福祉サービス等】

06-6384-1360

Fax: 06-6368-7348

mail: kousien@city.suita.osaka.jp