介護保険制度のしくみ

介護保険は、40歳以上の方が被保険者(加入者)となって保険料を納め、介護や支援が必要と認定されたときには、原則1割または2割負担で介護保険サービスを利用できる制度です。

また、できるだけ介護が必要にならないように介護予防事業なども行います。

いつまでも住み慣れた地域で安心して暮らせるように、みなさんの住む吹田市が保険者となって運営しています。

 

支えあいのしくみ

40歳以上の方(被保険者)

  • 保険料を納めます。
  • 介護が必要となったとき、要介護認定の申請をします。(65歳未満の方は特定疾病に該当する場合のみ申請可能)
  • サービスを利用して、利用料を支払います。 

 

吹田市(保険者)

  • 介護保険制度を運営します。
  • 要介護・要支援認定を行います。
  • 介護保険事業計画を策定します。
  • 介護サービスの確保・整備をします。

 

サービス提供事業者(指定を受けた社会福祉法人、医療法人、民間企業、非営利組織など)

  • 居宅での介護サービスを提供します。
  • 施設での介護サービスを提供します。
  • 地域密着型サービスを提供します。

 

費用負担の仕組み(介護給付費にかかる財源構成)

介護保険ではサービス提供のために必要な費用から、利用者負担を除いた額を、保険料と公費(国、大阪府、吹田市)で半分ずつ負担しています。

介護保険給付費の財源構成

 







 被保険者(加入者)について

第1号被保険者

  • 吹田市に住所を有する65歳以上の人 
  • 保険料は年金からの天引き、または直接市町村に納付書などで支払います。
  • 支援や介護が必要と認定(要介護・要支援認定)された方がサービスを利用できます。

第2号被保険者

  • 吹田市に住所を有する40歳~64歳の人で医療保険加入者
  • 保険料は加入している医療保険の保険料と一緒に支払います。
  • 加齢を起因とする病気(特定疾病※)により、 支援や介護が必要と認定(要介護・要支援認定)された方がサービスを利用できます。

※特定疾病とは、次の16種類の疾病をいいます。

  1. がんの末期
    (医師が一般に認められている医学的知見に基づき回復の見込みがない状態に至ったと判断したものに限る。)
  2. 関節リウマチ
  3. 筋萎縮性側索硬化症
  4. 後縦靱帯骨化症
  5. 骨折を伴う骨粗鬆症
  6. 初老期における認知症
  7. 進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病 【パーキンソン病関連疾患】
  8. 脊髄小脳変性症
  9. 脊柱管狭窄症
  10. 早老症
  11. 多系統萎縮症
  12. 糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症
  13. 脳血管疾患
  14. 閉塞性動脈硬化症
  15. 慢性閉塞性肺疾患
  16. 両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う変形性関節症







こんなときには届け出ましょう

他の市区町村から転入したとき

         転入前の市区町村で要介護・要支援認定を受けている場合には、転入前の市区町村の介護保険担当窓口で受給資格証明

      書を発行してもらい、転入後14日以内に高齢福祉室 介護保険担当窓口に提出し、同時に要介護・要支援認定申請をして

      ください。転入前の市区町村で認定された要介護・要支援認定が転入日から6か月間有効となります。

         なお、転入先の住所が住所地特例施設(※)の場合には、引き続き転入前の市区町村の介護保険被保険者となります。


他の市区町村へ転出するとき

         要介護・要支援認定を受けている方には、転出先の市区町村で引き続き認定を受けるために受給資格証明書を発行しま

      す。受給資格証明書は14日以内に転出先の市区町村へご提出ください。介護保険被保険者証などは高齢福祉室介護保険担

      当へご返却ください。

         なお、転出先の住所が住所地特例施設(※)の場合には、引き続き吹田市の介護保険被保険者となります。


市内で転居されたときや名前が変わったとき

         介護保険被保険者証などを高齢福祉室介護保険担当へご返却ください。

         新しい介護保険被保険者証については、郵送でお送りいたします。


被保険者が死亡したとき

         介護保険被保険者証などを高齢福祉室介護保険担当へご返却ください。


※住所地特例施設とは・・・

         介護保険の被保険者は、住所地のある市区町村が保険者となりますが、特定の施設に住所を変更した場合は、施設に入

      所する前の住所地の市区町村が保険者となります。対象者は、65歳以上の方または、40歳以上65歳未満の医療保険加入

      者の方で、住所地特例対象施設に入所した方が対象となります。介護認定の有無は関係ありません。


住所地特例対象施設

         介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)

         介護老人保健施設(老人保健施設)

         介護療養型医療施設

         有料老人ホーム

         軽費老人ホーム(ケアハウスなど)

         養護老人ホーム

         ※ グループホームなどの地域密着型サービス施設は住所地特例の対象外です。




〒564-8550  大阪府吹田市泉町1丁目3番40号   (低層棟1階、仮設棟)

Tel:

【認定申請・資格・保険料】

 06-6384-1343

【給付・庶務】 06-6384-1341

【認定調査】 06-6384-1885

【審査会】 06-6384-1345

Fax: 06-6368-7348

mail: kaigo@city.suita.osaka.jp