要介護・要支援認定申請

   日常生活に支障があり、介護保険サービスを利用したいときは、介護が必要かどうか、また、どのくらいの介護が必要なのかを

判断する「要介護・要支援認定(要支援1、2または要介護1~5)」を受けることが必要です。


 

要介護・要支援認定申請ができる人

第1号被保険者(吹田市に住所を有する65歳以上の方)

   →原因を問わず介護や日常生活の支援が必要になった場合


第2号被保険者(吹田市に住所を有する40~64歳の方で医療保険加入者)

   →加齢を起因とする病気(特定疾病)により介護や支援が必要になった場合




申請から利用までの流れ

  1. 要介護・要支援認定申請をします
  2. 心身状況の認定調査(訪問調査)を受けます
  3. 介護認定審査会が審査します
  4. 認定結果が届きます
  5. ケアプラン(サービスの利用計画)を作成します
  6. サービスを利用します

 


利用の流れ.bmp

 


申請の種類と方法

申請の種類

新規申請

      初めてする申請。もしくは、認定有効期限が切れてからする申請。


更新申請

      認定には有効期間があります。

      有効期間の満了する60日前から認定の更新のための申請をすることができます。

      高齢福祉室介護保険認定グループから更新申請のお知らせと申請書類一式を送付しています。


区分変更申請

      現在要介護・要支援認定を受けているが、心身の状態が悪化または改善したときに行う申請。

      申請されるときには担当のケアマネジャーや入所施設の相談員などと相談の上、行ってください。


転入申請

      吹田市以外で要介護・要支援認定を受けている方が、吹田市に転入される場合に行う申請。

      転入日より14日以内に行ってください。

      なお、前市で受けていた認定の引継ぎを希望しない場合(心身の状態が変化している場合など)は転入後、新規申請を

   行うこともできます。

 

申請方法

新規申請・更新申請・区分変更申請

      高齢福祉室介護保険資格給付グループ窓口またはお近くの地域包括支援センター窓口もしくは、郵送で下記の書類を添えて

   申請してください。(郵送可)

      「要介護・要支援認定申請書」、「主治医意見書」は高齢福祉室介護保険資格給付グループ窓口や地域包括支援センターに

   置いてあります。

      ※認定申請書は吹田市ホームページには掲載していません。

         窓口にお越しになれない方は高齢福祉室介護保険資格給付グループへご連絡ください。

 

  • 要介護・要支援認定申請書
  • 主治医意見書
  • 介護保険被保険者証(紛失されている場合は添付不要です)
  • 健康保険被保険者証の写し(64歳以下の方)

 

      申請は、本人または家族のほか居宅介護支援事業者(ケアマネジャー)や介護保険施設が本人に代わって申請することも

   できます。

      主治医意見書は、お体の状況をよく把握している医師に依頼してください。


転入申請

転出手続き時

         前市町村の介護保険担当窓口で、受給資格証明書の交付を受けてください。


転入手続き時

         高齢福祉室介護保険資格給付グループの下記の書類を提出(郵送可)

         ・要介護・要支援認定申請書

         ・転出時に発行された受給資格証明書


      受給資格証明書の発行および転入申請は転出日より14日以内となっています。14日を越えると前市町村で受けていた

   要介護・要支援認定を引き継ぐことができなくなります。その場合は、引き続き介護保険サービスを利用していても保険

   給付を受けることができなくなり、10割負担となりますのでご注意ください。

〒564-8550  大阪府吹田市泉町1丁目3番40号   (低層棟1階、仮設棟)

Tel:

【認定申請・資格・保険料】

 06-6384-1343

【給付・庶務】 06-6384-1341

【認定調査】 06-6384-1885

【審査会】 06-6384-1345

Fax: 06-6368-7348

mail: kaigo@city.suita.osaka.jp