認定結果の通知が届いたら

   認定結果通知が届いたら、サービスの利用が本格的に開始できます。

   サービスの利用の際にはケアプランが必要で、認定結果が要介護か要支援かもしくは希望のサービスによって利用の流れが

変わります。








要支援1、2の方

   お住まいの地域の地域包括支援センターの職員が本人や家族との話し合いや心身の状況に応じて、どのサービスをどれぐらい

利用するのか、また、どの事業所を利用するかなどの計画(介護予防支援計画:ケアプラン)を作成します。

 

   利用者はケアプランに沿ってサービスを利用し、定期的に地域包括支援センター職員の訪問などをうけて、ケアプランが適切かどうかを確認し、必要に応じて見直しを行います。

 





要介護1~5の方

   本人または家族が居宅介護支援事業者(ケアマネジャー)に介護支援計画(ケアプラン)の作成を依頼します。

   ケアマネジャーは本人や家族との話し合い、心身の状況に応じて、どのサービスをどれぐらい利用するのかなどの計画を

作成します。

 

   利用者はケアプランに沿ってサービスを利用し、ケアマネジャーは毎月利用者を訪問し、ケアプランが適切かどうかを確認

し、必要に応じて見直しを行います。

 






施設への入所を希望する方

介護保険施設(介護老人福祉施設、介護老人保健施設、介護療養型医療施設)

   直接施設に入所を申し込み、入所します。

   入所が決まると、施設のケアマネジャーが施設サービス計画を作成します。

   その計画に沿って、施設サービスが提供されます。

 

その他の施設

   直接施設に入所を申し込み、入所します。






小規模多機能型居宅介護を利用希望する方

   要支援1、2および要介護1~5の方が利用することができます。

   直接、小規模多機能型居宅介護事業所(以下、事業所)と契約を結び、事業所のケアマネジャーが本人や家族との話し合いや

心身の状況に応じて、「通所」を中心として「泊まり」「訪問」などの組み合わせを決めます。

   また、事業所で提供できないサービス(訪問看護・福祉用具貸与など)の利用についても検討し、計画を立てます。

 

小規模多機能型居宅介護とは・・・

      「通い」を中心として、要介護者の様態や希望に応じて、随時「訪問」や「泊まり」を組み合わせてサービスを受けること

   で、要介護度が中重度となっても在宅での生活が継続できるサービスです。

      また、複合型サービスにおいては、訪問看護も同事業所より提供されます。(現在、吹田市にこのサービスを実施する

   事業所はありません。)






非該当と認定された方

   介護保険サービスはご利用いただけません。

   地域包括支援センターが行う地域支援事業の介護予防事業や高齢者在宅福祉サービスが利用できる場合があります。


   詳細につきましては、地域包括支援センターにお問い合わせください。

   地域包括支援センターのホームページへリンクします

  


   心身の状況が変化し、介護が必要になった場合は、再度、要介護・要支援認定申請を行ってください。






認定結果に納得できない場合

   要介護認定の結果の決定等に関して不服がある場合には、大阪府介護保険審査会に不服申立て(審査請求)することが

できますが、吹田市役所高齢福祉室介護保険認定グループに申し出ていただければ、要介護認定の考え方や認定経過について

ご説明いたします。

   なお、審査請求をすることができる期間は、原則として、認定通知を受け取った日の翌日から起算して3か月以内となって

います。

   大阪府介護保険審査会

   大阪市中央区大手前2-1-22   大阪府 福祉部 高齢介護室 介護支援課

   電話 06-6941-0351(代表)




〒564-8550  大阪府吹田市泉町1丁目3番40号   (低層棟1階、仮設棟)

Tel:

【認定申請・資格・保険料】

 06-6384-1343

【給付・庶務】 06-6384-1341

【認定調査】 06-6384-1885

【審査会】 06-6384-1345

Fax: 06-6368-7348

mail: kaigo@city.suita.osaka.jp