介護保険料について

   介護保険料は、原則として40歳以上の方全員に納めていただきます。また、第1号被保険者と第2号被保険者とでは、保険料の決定方法や納め方が異なります。詳細については、下記をご覧ください。


第1号被保険者(65歳以上の方)

第2号被保険者(40歳~64歳までの方)

保険料を納めないままにしておくと(保険給付の制限)

保険料の徴収猶予・減免

介護保険料納付額の確認方法

介護保険料のパンフレット



   保険料を納めないままにしておくと、介護保険サービスを利用するときに滞納している期間に応じて、給付の制限を受けることがあります。また、介護保険料は納付期限から2年が経過すると時効が成立します。時効が成立すると、保険料を納める意思があっても納めることができなくなりますのでご注意ください。

   詳しくは「保険料を納めないままにしておくと(保険給付の制限)」のページをご覧ください。


   介護保険制度は皆様の介護保険料で支えられています。

   保険料は、介護保険制度運営の大切な財源となっていることをご理解いただき、納期限までにお納めください。

   納期限までの納付が困難、すでに滞納があって困っているなど、納付に関する相談を高齢福祉室介護保険グループ窓口及び電話にて承ります。

   また、保険料の納付が困難な場合、個々の事情に応じて、保険料の徴収が猶予されたり、保険料額が減額されたりする場合があります。高齢福祉室介護保険グループまでご相談ください。

   詳しくは、「保険料の徴収猶予・減免」のページをご覧ください。







第1号被保険者(65歳以上の方)

   介護保険料は、吹田市の高齢者数や年齢構成、介護サービスの供給基盤の整備状況およびサービス利用希望の調査結果などから、どれくらいの数の人がどのようなサービスを利用するかを見込んで算定しています。

 

保険料額(平成30年度~令和2年度)

   保険料は3年に1回改正されます。

   平成30年4月から第7期介護保険事業計画(平成30年~令和2年度)が始まり、保険料が変わりました。

   保険料の額は市町村ごとに異なります。吹田市では、本人や世帯員の市民税の課税状況により18段階に分かれています。



1号被保険者の介護保険料額一覧

所得段階

対象者

保険料率

保険料額(年額)

平成30~令和2年度

第1段階

(1)生活保護を受給している方

(2)本人を含め世帯(1)全員が市町村民税(2)非課税で、本人が老齢福祉年金(※3)を受給している方

(3)本人を含め世帯全員が市町村民税非課税で、課税年金 収入額(※4)合計所得金額(※5)の合計が80万円以下の方

基準額

×0.45

31,860円

第2段階

本人が市町村民税非課税

同じ世帯にいる方全員が市町村民税非課税

課税年金収入額と合計所得金額

の合計が120万円以下の方

基準額

×0.7

49,560円

第3段階

上記以外の方

基準額

×0.725

51,330円

第4段階

同じ世帯に

市町村民税課税者がいる方

課税年金収入額と合計所得金額

の合計が80万円以下の方

基準額

×0.875

61,950円

第5段階

上記以外の方

基準額

70,800円

第6段階

本人が市町村民税課税

本人の合計所得金額が60万円未満の方

基準額

×1.075

76,110円

第7段階

本人の合計所得金額が60万円以上100万円未満の方

基準額

×1.1

77,880円

第8段階

本人の合計所得金額が100万円以上120万円未満の方

基準額

×1.125

79,650円

第9段階

本人の合計所得金額が120万円以上160万円未満の方

基準額

×1.17

82,836円

第10段階

本人の合計所得金額が160万円以上200万円未満の方

基準額

×1.3

92,040円

第11段階

本人の合計所得金額が200万円以上250万円未満の方

基準額

×1.57

111,156円

第12段階

本人の合計所得金額が250万円以上300万円未満の方

基準額

×1.6

113,280円

第13段階

本人の合計所得金額が300万円以上400万円未満の方

基準額

×1.8

127,440円

第14段階

本人の合計所得金額が400万円以上500万円未満の方

基準額

×1.925

136,290円

第15段階

本人の合計所得金額が500万円以上700万円未満の方

基準額

×2.1

148,680円

第16段階

本人の合計所得金額が700万円以上1,000万円未満の方

基準額

×2.3

162,840円

第17段階

本人の合計所得金額が1,000万円以上1,500万円未満の方

基準額

×2.5

177,000円

第18段階

本人の合計所得金額が1,500万円以上の方

基準額

×2.8

198,240円

※1  世帯

   世帯構成については、4月1日現在の状況が基準となります。ただし、4月2日以降に65歳になった方や他の市町村から転入した方は、その日現在の世帯構成が基準となります。

※2  市町村民税

   市町村民税課税状況を根拠としています。市町村民税は前年の収入や所得によって計算されるため、算定に使用する「合計所得金額」や「課税年金収入額」は、1月1日から12月31日までのものになります。

※3  老齢福祉年金

   明治44年4月1日以前に生まれた方などで、一定の所得がない方や、他の年金を受給できない方に支給される年金です。

※4  課税年金収入額

   国民年金、厚生年金、共済年金などの税法上市町村民税の課税対象の収入とされる公的年金等の収入額です。なお、遺族年金・障害年金などは含まれません。

※5  合計所得金額

   表中の合計所得金額とは、収入金額から必要経費に相当する金額を控除した金額のことで、扶養控除や医療費控除などの所得控除をする前の金額です。平成30年4月からは、合計所得金額から「長期譲渡所得及び短期譲渡所得に係る特別控除額を控除」及び「公的年金等に係る雑所得を控除(第1~5段階のみ)」した金額を用います。

 

保険料の納め方

区分 対象者 納め方
普通徴収

年金の受給額が

年18万円未満

(月1万5千円未満)の方

■「納入通知書」により、1か月ごとに金融機関の窓口で納めてください。

■便利な「口座振替」も選べます。希望される方は、口座振替依頼書により、吹田市指定の金融機関の窓口へお申し込みください。お申込み月の翌月分から引き落としを開始します。

特別徴収

年金の受給額が

年18万円以上

(月1万5千円以上)の方

■2か月ごとの年金から、保険料を差し引いて徴収させていただきます。

原則として、2か月(当月分と翌月分)の保険料額を差し引きます。

 

  

保険料の納付は、便利な口座振替で

   普通徴収の場合、口座振替を利用すると納め忘れがなく便利です。

   介護保険被保険者証または介護保険の納付書(納入通知書)と、預金(貯金)通帳、印鑑(通帳の届出印)を持って吹田市

指定の金融機関またはゆうちょ銀行(郵便局)の窓口で申し込むことができます。

 

納期限までに保険料を納付することが困難なときは

   何らかの事情で、保険料を納期限までに納付することが困難なときは分割納付をすることができます。

   印鑑を持って高齢福祉室介護保険グループ窓口までお越しください。


介護保険料納付額の確認について

   第1号被保険者(65歳以上の人)が納付された介護保険料は、確定申告や市府民税の申告の際に「社会保険料控除」として所得金額から控除できます。保険料を納付された方(特別徴収の場合は徴収されたご本人)が毎年1月から12月までに納付した額が対象となります。

   納付額の確認方法はこちらのページをご覧ください。




 

第2号被保険者(40歳から64歳の方)

保険料額

   保険料の計算方法や金額は、加入している医療保険によって異なります。


保険料の納め方

   医療保険料(国民健康保険料・健康保険料など)に一括して徴収されます。

   詳しくは、ご加入の医療保険者にお問い合わせください。





介護保険料のパンフレットについて

介護保険料について、簡単にまとめたパンフレットを作成しました。

※著作権が株式会社東京法規出版にあるため、印刷はできません。

介護保険料について

納めて安心介護保険料 (PDFファイル; 3446KB)


介護保険料の滞納について

介護保険料を納め忘れてしまうと・・・ (PDFファイル; 1760KB)



よくある質問(FAQ)についてはこちら

高齢福祉室のよくある質問(FAQ)-介護保険に関する質問



高齢福祉室 介護保険グループ

〒564-8550  大阪府吹田市泉町1丁目3番40号   (低層棟1階、仮設棟)

Tel:

【認定申請・資格・保険料】

 06-6384-1343

【給付・庶務】 06-6384-1341

【認定調査】 06-6384-1885

【審査会】 06-6384-1345

Fax: 06-6368-7348

mail: kaigo@city.suita.osaka.jp