福祉・介護職員等特定処遇改善加算の取り扱いについて【障がい福祉サービス事業者関係】

  2019年度の障がい福祉サービス等報酬改定において、福祉・介護職員等特定処遇改善加算(以下「特定加算」という。)が創設されましたので、以下のとおりお知らせします。




(1)基本的考え方

  2019年度の障がい福祉サービス等報酬改定において、職員の確保・定着につなげていくため、福祉・介護職員処遇改善加算(以下「現行加算」という。)に加え特定加算を創設することとし、経験・技能のある障がい福祉人材に重点化しつつ、職員の更なる処遇改善を行うとともに、障がい福祉人材の更なる処遇改善という趣旨を損なわない程度において、一定程度他の職種の処遇改善も行うことができる柔軟な運用を認めることとされました。

  特定加算については令和元年(2019年)10月1日から算定可能となりますが、現行加算と同様、就労定着支援、自立生活援助、地域相談支援、地域定着支援、計画相談支援、障がい児相談支援は算定対象外となっています。



 

(2)特定加算の算定要件等について

  特定加算は、当該加算に係る計画書において賃金改善の対象となるグループを設定し、特定加算の算定額を上回る賃金改善を実施することと併せて、賃金改善以外の要件(配置等要件、現行加算要件、職場環境等要件及び見える化要件等)を満たす必要があります。また、これらの賃金改善以外の要件に応じて、特定加算の区分(区分(1)または区分(2))が決まります。

  賃金改善以外の要件については、以下のとおりとされています。


【1】配置等要件

  福祉専門職員配置等加算(居宅介護、重度訪問介護、同行援護、行動援護にあっては特定事業所加算)を算定していること。

※重度障がい者等包括支援、施設入所支援、居宅訪問型児童発達支援、保育所等訪問支援は配置等要件が無いため、特定加算の区分は一つとなります。

【2】現行加算要件

  現行加算(福祉・介護職員処遇改善加算)の区分(1)~(3)までのいずれかを算定していること。

(※特定加算と同時に届出する場合も、要件を満たすこととなります。)

【3】職場環境等要件

  平成20年10月から届出を要する日の属する月の前月までに実施した処遇改善(賃金改善を除く。)の内容を全ての職員に周知していること。また、この処遇改善については複数の取組を行っていることとし、「資質の向上」、「労働環境・処遇の改善」及び「その他」の区分ごとに1つ以上の取組を行うこと。(※現行加算において既に要件を満たしている場合は、これまでの取組に加えて新たな取組を実施する必要はありません。)

【4】見える化要件

  障がい福祉サービス等情報公表制度や各事業者のホームページを活用する等により、特定加算の取得状況を報告し、賃金以外の処遇改善に関する具体的な取組内容を公表していること。(※令和2年度(2020年度)からの算定要件)


  なお、当該加算に係る計画書の作成方法や算定要件等の具体的な内容については、「(4)参考資料」に掲載の厚生労働省通知、及びQ&A等をご確認ください。
 


(3)届出書類、及び届出期限等について

届出書類

届出書類については、以下のリンク先ページをご覧ください。


福祉・介護職員等特定処遇改善加算の届出について(別ページへのリンク)

※「参考資料」に掲載の厚生労働省通知、及びQ&A等において、算定要件の確認をお願いいたします。


届出方法及び届出期限

届出方法

・郵送

届出期限

・特定加算を取得しようとする年度の前年度の2月末日まで。

【※令和元年度(2019年度)にあっては、8月31日(当日消印有効)まで】

  年度の途中で特定加算を取得する場合は、加算を取得しようとする月の前々月の末日までとなります。




(4)参考資料

〒564-0027  大阪府吹田市朝日町3番401号   (吹田さんくす3番館 4階)

Tel:

【社会福祉法人・児童福祉施設】

 06-6155-8719

【障がい事業者】

 06-6155-8743

【介護事業者】

 06-6155-8748

Fax:06-6317-5356

mail:

 【代表・社会福祉法人・児童福祉施設】

 fukusi_sidou@city.suita.osaka.jp

【障がい事業者】

 fsk-shougai@city.suita.osaka.jp

【介護事業者】

 fsk-kaigo@city.suita.osaka.jp