少年自然の家 もくもくの里

吹田市立少年自然の家もくもくの里

季節の出来事・もくもく情報

12月7日に職員研修を実施しました。実施内容は消防署への通報及び避難誘導と消防署の職員さんの指導で消火器の使用方法、天ぷら油からの火災時の実験を見せて頂きました。(お知らせ)第4回自然観察会参加募集は12月23日土曜日午前9時から電話で受付します。{本日天気}12月13日現在・・雪が降っていますが、積もっていません。


吹田市立少年自然の家(もくもくの里)は

 吹田市が昭和15年(1940年)に誕生した時の人口は、約6万人で市域には自然がたくさんありました。しかし、昭和37年(1962年)からの千里ニュータウンの開発により、人口は34万人に増加し、市域がほとんど住宅地に変わり、子供達は自然に触れる事が非常に少なくなりました。そこで吹田市は、昭和55年(1980年)5月5日の『こどもの日』に、滋賀県の北西部に少年自然の家を開設しました。

 少年自然の家は、JR近江今津駅から小浜へ通じる国道303号線を、約6.5km西へ行った、山間の小さな盆地状の中にあります。東と南側には、約300mの小高い山がせまり、北側には、琵琶湖にそそぐ石田川があり、山の合間から箱館山を望むことができます。

 

 この様な環境の中で子供達は、少年自然の家のスローガンである『発見・冒険・挑戦』をテーマに、のびのびと集団生活を体験することが出来ます。

『発見』とは

どんなことにでも気付く姿勢をもつことで、日常生活の中でも常に自ら問題意識を持ってほしいと願っています。

 

『冒険』とは

危険を冒すことではなく、何事にも恐れず試してみる姿勢をもつことで、創造力を伸ばしてほしいと願っています。

 

『挑戦』とは

他人ごとではなく、何でも自ら進んで実行する姿勢をもつことで、積極性を高めてほしいと願っています。

自然に親しむ

樹木観察の様子

植物観察・樹木観察・昆虫観察・所内散策

身体を鍛える

キャンプの様子

サイクリング・キャンプ・アーチェリー・スキー・ポイントハイク・グラウンドゴルフ・各種スポーツ

楽しく集う

キャンドル

カヌー・川遊び・魚つかみ・暗夜行路・野外炊飯・キャンプファイア・キャンドルサービス・肝だめし・タングラム・スノーボード(そり)・雪中活動・各種ゲーム

クラフト

若狭塗り箸

若狭塗り箸・ハガ木・焼印・プラバン

 

 

施設概要

敷地面積 41,782平方メートル
建物(延)面積

2,744.30平方メートル

[鉄筋コンクリート造2階建(一部地階)]

屋内施設

宿泊室

(和室12.5畳)8人×24室   
リーダー室 (和室12.5畳)8人×2室  
体育室 228平方メートル  
食堂 116平方メートル 96人(8人がけ12テーブル)  
浴室 50平方メートル×2  
保健室・乾燥室 他  

 

屋外施設 

屋外(野外)宿泊定員100人

集合広場(つどい・第1ファイヤー場)
運動広場(軽スポーツ広場)
キャンプ場(第1、2、3)
野外食堂(2か所)
野外ステージ
グラウンドゴルフコース
スキー、スノーボート(そり遊び)場
アーチェリー場
カヌー池
魚つかみ場
自炊場(2か所) 他

・平成29年度

少年自然の家の利用者数等の推移 (PDFファイル; 31KB)

・平成28年度

少年自然の家の利用者数等の推移 (PDFファイル; 37KB)

〒520-1641 滋賀県高島市今津町南生見

【休館日】 月曜日、祝日、年末年始

【Tel】 0740-24-0131、0740-24-0132    【Fax】 0740-24-0431

【mail】 sizen_ie@city.suita.osaka.jp

※最寄駅等 JR湖西線近江今津駅下車JRバス(小浜行)古野より徒歩10分