フォトニュース平成29年(2017年)9月

 

吹田市の季節の風景や旬な話題を写真で紹介します。

 

地域防災総合訓練を実施しました

消火訓練

消防団による消火訓練

9月2日(土)、災害発生時の防災体制の確立と市民の防災意識の向上を図ることを目的に、千里北公園で「吹田市地域防災総合訓練」を実施し、市消防本部や陸上自衛隊、吹田警察署、民間事業者など50団体、総勢約700人が参加しました。

訓練は、上町断層を震源とするマグニチュード7.5の直下型地震により市全域で建物の崩壊や火災など大きな被害が出た想定。被災した建物からの避難訓練や消火訓練をはじめ、市民の自主防災組織などによる救助訓練、ライフラインの復旧訓練などが行われました。

このほか、市と災害時応援協定を締結する企業や団体が体験型ブースや展示ブースを出展。訪れた人たちは、2本の木に結んだ10メートルのロープを渡る訓練や防災クイズに答える防災スタンプラリーなどに挑戦していました。

参加した後藤市長は「地域、企業、団体、行政それぞれが力を合わせ訓練を終えることができた。実際の災害は想定を上回るもの。普段から繰り返し訓練することが大切だ」と講評しました。

救助訓練

倒壊した建物からの救助訓練

水道復旧訓練

水道管の復旧訓練



JICAのボランティアとして海外派遣される市民が市長を表敬訪問

川口さん、比良さん、八木さんと後藤市長

(左から)後藤市長、比良さん、八木さん、川口さん

独立行政法人国際協力機構(JICA)の青年海外協力隊員3人が9月20日、後藤市長に出発の報告を行いました。
派遣されるのは、市内在住の川口京子さん、比良友美さん、八木光さんの3人で、いずれも派遣期間は2年間です。
川口さんは、保育士の経験を生かし、ブルキナファソの幼稚園へ、比良さんは、学童指導員の経験を生かし、パラグアイの公立小学校へ、八木さんは、教育学や女性学の知識を生かし、ベナンの福祉センターへ赴任します。
川口さんらは「小さなことからコツコツと積み重ね、現地の子どもたちの笑顔につながる支援にしたい」「海外ボランティアは学生の頃からの夢。広い視野と柔軟な発想を持って、子どもたちのために頑張りたい」などと抱負を話し、後藤市長は「それぞれの現地での活躍を期待しています。健康にはくれぐれも気をつけてください」と激励しました。

バックナンバー

平成29年(2017年)

[1月] [2月] [3月] [4月] [5月] [6月] [7月] [8月] [9月] [10月] [11月] [12月]

平成28年(2016年)

[1月] [2月] [3月] [4月] [5月] [6月] [7月] [8月] [9月] [10月] [11月] [12月]

平成27年(2015年)

[1月] [2月] [3月] [4月] [5月] [6月] [7月] [8月] [9月] [10月] [11月] [12月]