フォトニュース平成26年(2014年)3月

 

吹田市の季節の風景や旬な話題を写真で紹介します。

 


ドイツ人留学生が井上哲也市長を表敬訪問しました

ドイツ人留学生のカトリン・ヘルトさんと井上市長

3月6日(木曜日)
ドイツ人留学生、カトリン・ヘルトさんが井上市長を表敬訪問しました。

ミュンヘン工科大学で経済学を学んでいるカトリンさんは、日本語を学ぶために今年3月に来日し、5月下旬まで滞在します。

この日、市役所を訪れたカトリンさんは井上市長に「多くの街を訪れて日本人とたくさんコミュニケーションをとりたいです」と話し、井上市長は「滞在中に日本のことをいろいろ学び、今後に活かしてください」と話しました。

 


大相撲・木瀬部屋の力士が吹田市を表敬訪問

大相撲・木瀬部屋の力士が吹田市を表敬訪問

3月6日(木曜日)

大相撲3月場所の開催中、江坂に稽古場を構える木瀬部屋の力士が吹田市を表敬訪問しました。

市役所を訪れたのは臥牙丸(ががまる)関、徳勝龍(とくしょうりゅう)関、徳真鵬(とくしんほう)関、肥後ノ城(ひごのじょう)関の4人。4人は「みんなでいい相撲が取れるように頑張りたい」と話しました。

 

写真は左から、井上哲也吹田市長、徳真鵬(とくしんほう)関、肥後ノ城(ひごのじょう)関、徳勝龍(とくしょうりゅう)関、臥牙丸(ががまる)関、豊田稔市議会議長。

 


千里南公園の梅が見頃を迎えています

千里南公園で見頃を迎えた梅の花

3月14日(金曜日)

千里南公園の東側斜面で約150本の梅が花を咲かせ、見頃を迎えています。

公園には多くの人が訪れて赤や白の梅の花を楽しんでおり、周辺はほのかな梅の甘い香りに包まれています。

梅は3月下旬頃まで楽しめそうです。

 


重要文化財・旧西尾家住宅で小さな特別展「西尾家に伝わった着物と髪飾り」開催中

重要文化財・旧西尾家住宅で小さな特別展「西尾家に伝わった着物と髪飾り」開催中

3月24日(月曜日)

重要文化財・旧西尾家住宅(吹田文化創造交流館)で、小さな特別展「西尾家に伝わった着物と髪飾り」を開催しています。

展示は、幕末から昭和に至るまでに用いられた、代々の夫人の打掛や振袖などの婚礼衣装や、たんすや鏡台などの婚礼家具、髪飾りの他、江戸時代後期から幕末の当主がたしなんだという能の装束や小鼓など約70点。西尾家に伝わる華やかな衣装文化を今に伝える内容となっています。

関連イベントとして、3月30日(日曜日)に(財)西陣織物館顧問の藤井健三氏による講演「近代のきものと婚礼衣装」が行われるほか、4月6日(日曜日)には同館の藤原学館長による展示解説が行われます。

 

展示期間:平成26年(2014年)4月13日(日曜日)まで

開館時間:午前9時~午後5時

観覧料:無料

詳しくは旧西尾家住宅のページ(外部ページ)をご覧ください。

 


菜の花観賞・花摘み会が行われました

菜の花観賞・花摘み会が行われました。

3月27日(木曜日)

高層マンションが立ち並ぶ吹田市広芝町の農地で、菜の花観賞・花摘み会が行われました。この菜の花は、農地を有効活用し、市民生活に潤いとやすらぎをもたらしてもらうために、菜の花やコスモスといった景観作物の栽培を農家に呼びかける「花とみどりふれあい農園推進事業」を利用したものです。

菜の花が満開となった農地には親子連れなど約80人が訪れました。春を感じる陽気の中、参加者は黄色い花を両手いっぱいに摘み取っていました。

 


バックナンバー