フォトニュース2013年10月

 

吹田市の季節の風景や旬な話題を写真で紹介します。

 


ドイツ人留学生が井上哲也市長を表敬訪問しました

ドイツ人留学生が井上市長を表敬訪問

10月1日(火曜日)

ドイツ人留学生、ローレンツ・フォーゲルさんが井上市長を表敬訪問しました。

ドイツの大学に進学し、自然科学や工学を学ぶ予定のローレンツさんは、日本の言葉や文化の違いを学ぶために今年9月に来日し、12月下旬まで滞在します。

この日、市役所を訪れたローレンツさんは井上市長に「様々な街を訪ねてドイツと日本の違いを学びたいです。」と話し、井上市長は「滞在中に日本で学んだことを今後に活かしてください」と話しました。

 


市立博物館秋季特別展「交通の20世紀-吹田操車場と名神高速-」を開催中

10月16日(水曜日)

市立博物館で、秋季特別展「交通の20世紀~吹田操車場と名神高速~」を12月1日(日曜日)まで開催しています。

今年は、東洋一の操車場といわれた旧国鉄吹田操車場が大正12年(1923年)7月1日に本格稼働して90年、名神高速道路(栗東IC-尼崎IC区間)が昭和38年(1963年)7月16日に日本初の都市間高速道路として開通して50年となります。

特別展では、昭和15~18年ころの「大阪附近線路図」やオート三輪の「ダイハツミゼットMP5型前期」、操車場や高速道路の昔の写真などを展示し、吹田を全国の物流拠点の一つにまでした吹田操車場と名神高速道路を中心に、貨物輸送の20世紀を振り返ります。

関連イベントとして講演会や歴史講座、体験イベント、吹田ジャンクションの現地見学会等を開催します。詳しくは市立博物館ホームページをご覧ください。

オート三輪「ミゼット」

オート三輪「ダイハツミゼット MP5型 前期」

吹田操車場のジオラマ

吹田操車場大ジオラマ

 


 

すいたオータムフェスタ2013を開催しました

10月19日(土曜日)、20日(日曜日)

吹田の秋を彩るすいたオータムフェスタ2013を開催しました。

JR吹田駅前のさんくす夢広場で行われた「すいたアジアンフェア」では、アジア各国の伝統舞踊のステージやフードコートのほか、JR吹田駅周辺の商店街の66店舗から出品された選りすぐりの逸品に投票する「いちおしコンテスト」が開催されました。

このほか、商店街の店舗などの会場で演奏が披露された「吹田ジャズ・ゴスペルライブ」、大阪大学、関西大学、神戸大学の落語研究会と特別ゲストの横山ホットブラザーズが出演した「すいた落研寄席」、伝統工芸品の展示・販売や手作りの雑貨等を販売した「浜屋敷伝統工芸&手づくり市」、内本町コミュニティセンターで、利用者による舞台発表や市民サークルによる作品展示などが行われた「コミセンまつり」が開催されました。

雨天のため、「吹田ジャズ・ゴスペルライブ」の一部と神崎川河川敷で開催予定だった「神崎川クルーズ&ロハス」が中止となりましたが、開催された各イベント会場は家族連れなどで賑わいました。

吹田ジャズ・ゴスペルライブの様子

吹田ジャズ・ゴスペルライブ

すいたアジアンフェア

すいたアジアンフェア

 


 

千里の竹あかりを開催しました

10月26日(土曜日)

竹筒内に浮かべたろうそくのあかりを楽しむ「千里の竹あかり」を千里北公園で開催しました。竹あかり会場には約3500本の竹筒が並べられ、夜の竹林を温かい光で照らし出しました。

隣接する演奏会場では北千里高校吹奏楽部・軽音楽部による演奏が行われ、同公園南口から竹あかり会場までの道では約1700個の紙コップにろうそくを入れて火を灯すキャンドルロードを開催。また、阪急北千里駅前にも竹あかりが設置され、ディオス北千里でステージイベントが行われました。

各会場には多くの人が訪れ、幻想的な秋の夜を楽しみました。

竹あかり会場の様子

竹あかりの様子

 


 

バックナンバー