フォトニュース2013年6月

 

吹田市の季節の風景や旬な話題を写真で紹介します。

 


吹田青少年野外コンサートを開催しました

吹田青少年野外コンサートの様子

6月2日(日曜日)

千里南公園の野外ステージで「第31回吹田青少年野外コンサート」を開催しました。

市内の中高生や働く青少年など23組約900人が出演し、吹奏楽や合唱、和太鼓など

を披露。新緑に囲まれたステージで、出演者たちはのびのびとした様子で演奏していました。

最後は、演奏者全員が観客席を囲んで「ラデッキー行進曲」の大合奏を行いました。観客のみなさんも手拍子で演奏に参加し、大盛り上がりの1日になりました。

 


吹田くわいの植え付けが行われました

吹田くわいの植え付けの様子

6月9日(日曜日)

吹田市の特産品で「なにわの伝統野菜」にも認証されている吹田くわいの植え付け作業が江坂町3丁目の平野農園で行われました。

作業には、吹田くわいの農業体験や調理などを通して「食」について学ぶ関西大学の「ニュースクール」の学生と市立山手小学校の児童や、農園のボランティア、井上哲也市長と市職員など約80人が参加。長靴、ゴム手袋を身につけ、泥だらけになりながらも昨年収穫した吹田くわいの塊茎(かいけい)約4000個を植え付けていきました。

今回植え付けられた吹田くわいは農家の手によって大切に育てられ、12月ごろに収穫される予定です。

 


桃山台小学校で梅の収穫が行われました

梅の収穫の様子

6月11日(火曜日)

桃山台小学校で、校内に植えられている梅の実の収穫が行われました。

同校では「校庭の里山化プロジェクト」を策定し、梅採りの他にも校内にビオトープやミニ水田、ジャガイモや玉ねぎを植える「ももっこ農園」、緑のカーテンなどを設置し、自然観察や農作業体験などを授業に取り入れています。

この日、収穫を行ったのは5年生の児童90人。児童たちはたわわに実った梅の実を、棒やほうきを使って落とし、ざるやバケツに入れて収穫していきました。

収穫した梅は全部で130キログラム。児童が自らの手で梅干しを作り、秋に校内のミニ水田で収穫した米でおにぎりを作って食べる予定です。

 


バックナンバー