フォトニュース2013年4月

 

吹田市の季節の風景や旬な話題を写真で紹介します。

 


市内各所で桜が満開となりました

4月3日(水曜日)

市内各所で桜が満開となり、春の訪れを告げています。

千里ニュータウンを南北に走る千里さくら通りや、阪急関大前駅南側の円山町、江坂公園などで淡いピンク色の花が咲き誇っています。また、紫金山公園では赤紫色のコバノミツバツツジと桜の共演が楽しめます。

見ごろは今週末までとなりそうです。

円山町の桜

 円山町

 

千里さくら通りの桜

千里さくら通り

 

江坂公園の桜

江坂公園

 

紫金山のコバノミツバツツジと桜

紫金山のコバノミツバツツジと桜

ドイツ人留学生が井上哲也市長を表敬訪問

ドイツ人留学生が市長を表敬訪問

4月11日(木曜日)

ドイツ・パッサウ大学からの留学生、マリーナ・シュタイニンガーさんが井上市長を表敬訪問しました。

同大学で経済や経営管理を学んでいるマリーナさんは、日本語や日本の文化を学ぶために今月来日し、6月末まで滞在します。日本滞在中、吹田市国際交流協会で語学研修などを行う予定です。

この日、市役所を訪れたマリーナさんに井上市長は「日本のいいところ、吹田市のいいところを学んでいってください」と話し、マリーナさんは「日本人の何事にも一生懸命でポジティブな面を学びたいです。緑が多くてきれいなので、吹田のことが好きになりました。」と話しました。

 


神崎川畔さくらまつりが開催されました

4月13日(土曜日)

「神崎川畔さくらまつり」が神崎川右岸河川敷と浜屋敷で開催されました。河川敷の榎木橋メイン会場ではダンスや吹奏楽演奏などのステージ、高浜橋会場では環境や健康に配慮した食品などを販売するロハスイベントなどが開催されたほか、スタンプウォークや両会場間を船で移動しながら景色を楽しむクルージングが行われました。また、浜屋敷会場では書家・福田匠吾さんの書の展示や大道芸カーニバルなどが行われ、春らしい暖かな日差しのなか、多くの家族連れで賑わいました。

榎木橋メイン会場の様子

 榎木橋メイン会場

高浜橋会場の様子

高浜橋会場

スタンプウォークの様子

榎木橋~高浜橋を歩くスタンプウォーク

 

吹田貨物ターミナル駅開業記念ヘッドマークが寄贈されました

ヘッドマーク贈呈式の様子

4月22日(月曜日)

吹田操車場跡地に先月開業した吹田貨物ターミナル駅の開業記念ヘッドマークが寄贈され、4月22日に贈呈式が行われました。

ヘッドマークは3月4日に行われた開業記念式典の列車出発式で先頭列車に取り付けられていたもので、鉄道貨物輸送を市民のみなさんに身近に感じてもらいたいという日本貨物鉄道株式会社(JR貨物)のご好意により寄贈されました。

市役所正面玄関ロビーで行われた贈呈式で、JR貨物の神立哲男取締役関西支社長からヘッドマークを手渡された井上哲也市長は「6社の鉄道と15の駅がある『鉄道のまち吹田』として魅力をPRしていきます」と話しました。

ヘッドマークは、旧国鉄吹田操車場の銘板やジオラマなどと共に4月25日まで市役所正面玄関ロビーで展示され、26日からは吹田市観光センターで展示されます。

 


バックナンバー