フォトニュース2013年3月

 

吹田市の季節の風景や旬な話題を写真で紹介します。

 


千里南公園の梅が見ごろ

見ごろを迎えた千里南公園の梅

3月6日(水曜日)

千里南公園(津雲台1丁目)の東側斜面で約150本の梅が花を咲かせ、見頃を迎えています。

春を感じる暖かい日差しの中、公園には多くの人が訪れて赤や白の梅の花を楽しんでいました。周辺はほのかな梅の甘い香りに包まれています。

3月中旬頃まで楽しめます。

 


重要文化財・旧西尾家住宅で「西尾家に伝わった人形たち」を開催中

旧西尾家住宅で開催中の「西尾家に伝わった人形たち」の様子

3月21日(木曜日)

吹田市内本町2丁目の重要文化財・旧西尾家住宅(吹田文化創造交流館)で、「小さな特別展 西尾家に伝わった人形たち」を開催しています。

吹田西組の庄屋であった西尾家に伝えられてきた所蔵品のうち、今回の特別展では明治から昭和初期の遊戯具や絵画など45点を展示しています。京都の御雛人形細工司・丸屋大木平藏の作品であるひな人形や、金箔や絵の具で絵が描かれている貝合わせの貝、神功皇后・武内宿禰・桃太郎・加藤清正などの五月人形、鎧や兜の絵画など、きらびやかな展示品の数々が訪れた人を魅了しています。

期間は4月7日(日曜日)まで、開場時間は午前9時から午後5時15分までです。入場無料です。

3月31日(日曜日)・4月7日(日曜日)の午後2時から30分間、展示解説が行われます。

 

旧西尾家住宅(吹田文化創造交流館)のページへ(外部ページ)

 


ええとこ吹田PR大使に鉄道アイドル・斉藤雪乃さんを任命

ええこと吹田PR大使に鉄道アイドル・斉藤雪乃さんを任命

3月23日(土曜日)

吹田市出身者や市にゆかりのある著名人などに市の魅力や情報を広く全国に発信してもらい、知名度・イメージアップをめざす「ええとこ吹田PR大使」に、吹田市出身のタレント・斉藤雪乃さんを任命しました。

熱烈な鉄道ファンである斉藤さんは鉄道アイドルとしても活動し、昨年に引き続き今年の万博鉄道まつり(3月23日、24日に万博記念公園で開催)に出演したほか、テレビやラジオ各局でレギュラー番組をもつなど、多方面で活躍しています。また、吹田市をホームタウンとするプロサッカーチーム・ガンバ大阪のチアリーダーをしていた経験もあります。

23日、万博鉄道まつりのステージ出演前に行われた任命式で、井上哲也市長が「吹田のことを全国に向けてPRしてください」と話してPR大使の委嘱状と名刺を手渡しました。斉藤さんは「生まれ育って自分が体験してきた吹田の魅力をたくさんの人に伝えていきたいです。鉄道で出かけた旅先でも名刺を配ります」と話しました。

 


菜の花観賞・花摘み会を行いました

菜の花観賞・花摘み会の様子

3月25日(月曜日)

菜の花が満開になった広芝町の農地で「菜の花観賞・花摘み会」が行われました。

この菜の花は、農地を有効活用し、市民の生活に潤いとやすらぎをもたらしてもらうために、菜の花やコスモスといった景観作物の栽培を農家に呼びかける「花とみどりふれあい農園推進事業」を利用したものです。

菜の花観賞・花摘み会には、親子連れなど約100人が参加。黄色い花を両手いっぱいに抱えた参加者は「摘み取った花は部屋に飾ったり、友達にプレゼントしたりして楽しみます」と話していました。

 


バックナンバー